伊藤健太郎の原点は『アシガール』にあった どんな役にもピタリとハマる“中庸さ”

伊藤健太郎の原点は『アシガール』にあった どんな役にもピタリとハマる“中庸さ”

 特に忠清というキャラクターは領主の若君としての重責と孤独、兄への思慕と確執、領民思いで戦を好まず、志高く聡明な人柄、450年の現在と未来の行き来を抵抗なく受け入れ、常に立場の違う他者の声にも耳を傾けるオープンマインドさ、たまに現れる18歳男子の素顔……等々、積んでいる設定が実に複雑で、なおかつヒロインが「この人に会うために17年間生きてきた」と惚れ抜くだけの人物であらねばならない。

 当時20歳の伊藤健太郎が、これらの難題に全力で応えている。奇をてらわず肩肘を張らず、自然な構えで役に取り組み、実に立体感のある若君像に仕上げているではないか。小動物のようにちょこまかと走り跳ねる“ひょうげもの”の唯之助と好対照で、「動静」の「静」、つまりは「引き算」の芝居が見事だ。この「引き算」というのがたいそう難しく、忠清のように一言一言に含蓄があるようなキャラクターは下手な役者にやらせれば間が持たない。役者・伊藤健太郎の物理的にも観念的にもまっすぐな体幹が、忠清の「徳の高さ」を見事に形にしていた。

 胸に矢を射られ、傷の治療をするために450年後の平成に送り込まれ、唯の弟・尊(下田翔大)に「(この状況をすんなり受け入れ)なぜそんなに落ち着いていられるんですか!」と聞かれたときの忠清の台詞に圧倒された。「わしはの、何もわからぬときは全てわかる顔で何も言わぬ。見えぬときは見えるまで黙す。むやみに騒ぐは愚かなことじゃ」。年若くしてこの落ち着き払ったさま、魂のステージの高さに説得力を持たせられる役者はそういない。

 いわゆる「イマドキっぽいキラキラ感」のあるタイプではない。しかし内から湧き出る、味わい深い「美しさ」に知らず知らずのうちに魅入られてしまう。伊藤健太郎の、この「中庸さ」がいい。“器”として変な色がついておらず、淀みがない。だからどんな役を入れてもぴたりとハマる。平成の世に現れれば女子高生の人だかりができる美麗な若君を演じても、シャイで硬派なツッパリ(『今日から俺は!!』の伊藤)を演じても、難病と闘いながら陶芸に命を燃やす青年(『スカーレット』の武志)を演じても、恋に悩む普通のサラリーマン(『東京ラブストーリー』の完治)を演じても、「この人以外にこの役は考えられない」と思わせる役者だ。こうした“器”としての透明感が伊藤健太郎の最大の武器であり、引く手あまたの俳優となった大きな要因ではないだろうか。

 ほとんど天賦の才と言っていいほどの、技巧の手前にある芝居勘の良さ。このポテンシャルに、今後どんどん経験値が加わっていけば、この俳優は恐ろしいことになるだろう。そんな伊藤健太郎の礎となった『アシガール』のドラマ特番、『アシガールSP~超時空ラブコメ再び~』(2018年放送)が7月23日に再び放送される。連続ドラマ放送から1年後の彼の演技の進化にも注目されたい。

■佐野華英
ライター/編集者/タンブリング・ダイス代表。ドラマ、映画、お笑い、音楽。エンタメにまつわる原稿を書いたり本を編集したりしている。

■放送情報
『アシガールSP~超時空ラブコメ再び~』
NHK総合にて、7月23日(木)13:05〜14:35
出演:黒島結菜、伊藤健太郎、松下優也、ともさかりえ、川栄李奈、石黒賢、イッセー尾形ほか
原作:森本梢子
脚本:宮村優子
音楽:冬野ユミ
演出:伊勢田雅也
制作総括:陸田元一(NHKエンタープライズ) 、土屋勝裕(NHK)
写真提供=NHK
公式サイト:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる