工藤遥、『461個のおべんとう』で道枝駿佑が恋するマドンナ役に 「家族に会いたくなる作品」

工藤遥、『461個のおべんとう』で道枝駿佑が恋するマドンナ役に 「家族に会いたくなる作品」

 11月6日公開の井ノ原快彦と道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)が共演する映画『461個のおべんとう』に、工藤遥が出演することが決定した。

 本作は、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続け、その記録をSNSで発信してきたTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美の書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を実写映画化した人間ドラマ。

 ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役をV6の井ノ原、一樹の息子・虹輝役を道枝が演じるほか、森七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子が出演。『キセキ ーあの日のソビトー』『泣くな赤鬼』の兼重淳が監督を務め、原作者の渡辺が自ら音楽を手がける。

  工藤が演じるのは、高校中の男子生徒が憧れるマドンナ・柏木礼奈。ある日、虹輝は中学の頃の同級生で、今では高校中の男子生徒が憧れるマドンナとなった柏木に再会し、恋心を抱く。そして、ある生徒が礼奈に振られた理由が「太ってるから」だったと聞き、ダイエットを決意。このことが、一樹の毎日のお弁当作りにも影響が及んでいく。トレードマークともいえるショートカットから一転、美しいロングストレートの髪をなびかせて、虹輝の憧れのマドンナを演じる。

工藤遥(柏木礼奈役)コメント

台本を読んで真っ先に、登場人物は誰かを想う良い人ばかりの温かいお話だと思いました。撮影中は、兼重監督の鼻歌に対するツッコミと笑い声が飛び交う、とっても明るく楽しい現場でした! 461個という想像を超える数のお弁当一つ一つにエピソードと思い出が詰まっていて、私も母の顔と作ってもらったお弁当を思い出しました。ぶつかっても、遠く離れても、繋げてくれる、そんな温かい親子の物語を見て、家族に会いたくなる作品です。

 ■公開情報
『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国公開
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳
脚本:清水匡、兼重淳
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
(c)2020「461個のおべんとう」製作委員会
公式サイト:461obento.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ