松村龍之介×北園涼の“美しすぎる”競演 独自の世界を描く『BLOOD-CLUB DOLLS 2』の華やかさ

松村龍之介×北園涼の“美しすぎる”競演 独自の世界を描く『BLOOD-CLUB DOLLS 2』の華やかさ

 刀に和装、般若の面をつけた青年が舞のように美しい殺陣を披露する姿に思わず息を飲む。独自の世界を描く作品『BLOOD-CLUB DOLLS 2』が7月11日に公開される。本作は、Production I.GとCLAMPが共同で製作したアニメ『BLOOD-C』および、それらを総称する『BLOOD』シリーズの世界を踏襲した実写映画である。『BLOOD-CLUB DOLLS 1』(2018年)の続編となる『BLOOD-CLUB DOLLS 2』は、前作に続き奥秀太郎が監督を務め、脚本に藤咲淳一、主演を松村龍之介が演じる。

 本作は、蒼炎(松村龍之介)と藍刃(北園涼)、有栖川みちる(黒崎真音)を取り巻く物語を展開しつつ、同シリーズに共通する更衣小夜(宮原華音)、七原文人(南圭介)らが登場。『BLOOD-C』シリーズならではの設定も引き継がれ、『BLOOD-CLUB DOLLS 1』と地続きの世界が描かれた。和装や刀を使った演出でありながら舞台を現代に置く本作は、アニメーション原作の強みを徹底的に活かし、炎や自然を用いたファンタジックな空間が持ち味。シリーズのファンにとっても、初めて『BLOOD-CLUB DOLLS』シリーズを鑑賞する観客にとっても楽しめる作品となっているだろう。

 本作の特徴的な演出は、シーンとシーンをつなぐ詳細が省かれている点である。物語冒頭では小夜が銀六(郷本直也)の元を訪れるシーンの直後に、なんの前触れもなく和室に蒼炎、藍刃らが集まるシーンへと転換する。蒼炎らは何か同じ目的を持って集まっているようではあるものの、明確にはされない。そして藍刃が般若の面をかぶると、刀を使った戦いの場面へと飛ぶ。小夜の目が赤く光っていることの意味や、蒼炎らが集う理由、藍刃が刀で人々を切る理由を描かないことに加え、冒頭から印象的なシーンが続くことでインパクトを与える。和室に集う蒼炎や藍刃が部屋を出入りする様子もないままシーンが切り替わることで、“何かが起こっている”という不穏な様子が際立つ。さらに、これらの短いシークエンスには、それぞれ本作を象徴する設定やセリフが盛り込まれている。鑑賞後、2度目に観ることで合点がいくものから、過去作を振り返ることで気がつくことなど、様々な伏線が張りめぐらされている点に観客は気づかされるだろう。

 さらに注目したいのは、役者陣の活躍だ。特に『BLOOD-CLUB DOLLS 2』では藍刃を演じる北園涼が光る芝居を見せる。北園はミュージカル『刀剣乱舞』で小狐丸役を演じており、刀を使ったパフォーマンスはお手の物。今回も華麗な立ち回りで作品を彩り、闘技場のシーンでは炎の中で和装をはためかせ勇ましい殺陣を魅せた。暗がりの中で炎が立ち上り、菊の花の描かれた着物をヒラリと翻す姿は舞のように美しい。憂いを帯びた表情からは切なさと色香が感じられ、北園の切れ長の瞳に捕らえられたようにスクリーンに釘付けになる。本シリーズでの藍刃は重要な過去を秘めた、特に注目すべき役でもある。藍刃が抱える苦しみを引き出す北園の芝居は『BLOOD-CLUB DOLLS 2』をより印象深くし、多くを語らない本作の物語に奥行きを与える作用をもたらす。北園は本作でエンディング曲も担当しており、その歌声は映画のラストと重なり深い余韻を与えた。劇場ではエンドロールまで席を立たずに堪能してほしい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる