ルーカス、スピルバーグ、リンチ、ノーランらが語る 映画音響の歴史に迫るドキュメンタリー公開へ

ルーカス、スピルバーグ、リンチ、ノーランらが語る 映画音響の歴史に迫るドキュメンタリー公開へ

 ドキュメンタリー映画『Making Waves(原題)』が、『ようこそ映画音響の世界へ』の邦題で8月28日より全国順次公開されることが決定した。

 本作は、“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていくドキュメンタリー。ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、デヴィッド・リンチ、ライアン・クーグラー、アン・リー、クリストファー・ノーランといった映画監督たちや、『スター・ウォーズ』などを手がけたベン・バート、『地獄の黙示録』などで知られるウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』などに携わったゲイリー・ライドストロームといった映画音響界のレジェンドをはじめとした、その道のスペシャリストたちへのインタビューが収められる。

 1927年に初めてのトーキー映画『ジャズシンガー』が誕生以降、映画音響は今現在も日々発展し続けている。そんな映画音響の進化において大きな偉業を残した『キング・コング』『市民ケーン』『鳥』『ゴッドファーザー』といった往年の傑作から、第91回アカデミー賞で最多ノミネートされたことでも注目を集めた『ROMA/ローマ』や、今年続編が公開されることでも話題の『ワンダーウーマン』といった近年のヒット作の映像をふんだんに使って、知られざる映画音響の歴史を紹介。また、裏方として名作映画を支えてきた音響技術者たちが、オーソン・ウェルズやアルフレッド・ヒッチコックがもたらした革新、ビートルズが映画音響に与えた影響、『スター・ウォーズ』のチューバッカやピクサーアニメの人気キャラクターたちが生き生きとして見える秘密など、実際の創作と発見にまつわる貴重な体験談を語る。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、音響技師の姿が切り取られ、フィーチャーされる映画作品のタイトルが数多く並んでいる。

■公開情報
『ようこそ映画音響の世界へ』
8月28日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督:ミッジ・コスティン
出演:ウォルター・マーチ、ベン・バート、ゲイリー・ライドストローム、ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・リンチ、アン・リー、ライアン・クーグラー、ソフィア・コッポラ、クリストファー・ノーラン、アルフォンソ・キュアロン、バーブラ・ストライサンド
配給:アンプラグド
原題:Making Waves/2019年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/94分/5.1ch
(c)2019 Ain’t Heard Nothin’ Yet Corp.All Rights Reserved.
公式サイト:eigaonkyo.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる