『ミッドナイトスワン』公開日が9月25日に決定 草なぎ剛のうつむく姿捉えたティザービジュアルも

『ミッドナイトスワン』公開日が9月25日に決定 草なぎ剛のうつむく姿捉えたティザービジュアルも

 草なぎ剛主演映画『ミッドナイトスワン』の公開日が9月25日に決定し、ティザービジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』の内田英治監督による完全オリジナル脚本作となるラブストーリー。草なぎ演じるトランスジェンダーの凪沙と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果の姿を通して、“切なくも美しい現代の愛の形”が描かれる。

 凪沙は故郷の広島を離れ、東京・新宿を舞台に生きているが、あるきっかけで親戚から預かった一人の少女と暮らすことになってしまった。母から愛を注がれずに生きてきた少女、一果と出会ったことにより、孤独の中で生きてきた凪沙の心に今までにない感情が芽生える。

 一果役を服部樹咲が演じるほか、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖らが出演する。

 公開されたティザービジュアルには、薄暗い楽屋の中で、きらびやかな衣装たちを背景に、一人うつむき何かを思う草なぎの姿が切り取られている。また、同時に公開された場面写真は、凪沙が大切にしていた白鳥の羽飾りを、一果(服部樹咲)に授けるシーンとなっている。

小説『ミッドナイトスワン』書影

 なお、劇場版公開に先立ち、7月8日に同名小説が発売される。小説には、劇場版だけでは知ることのできない登場人物たちの知られざる物語やバックグラウンドが内田監督自身によって描かれている。内田監督は「映画の公開に先立ち、小説『ミッドナイトスワン』を書かせていただきました。小説の原稿を書くことは脚本執筆とまったく異なり、試行錯誤の連続でしたが、本当に書いてよかったと思っています。とくに映画では描かれていない、凪沙の恋の話や、一果に対する心の声、さらには一果がなぜバレエに夢を抱くようになったのか など、新エピソードを交えております。映画の前でも、後 でも、ぜひ読んでください」とコメントしている。

■書籍情報
小説『ミッドナイトスワン』
出版:文春文庫刊 
金額:770円(税込み)

■公開情報
『ミッドナイトスワン』
9月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:草なぎ剛、服部樹咲(新人)、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖
監督・脚本:内田英治
配給:キノフィルムズ
(c)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ