斎藤工、『BG』『火村英生の推理』“バディもの”で輝く理由 鋭い眼差しが物語のアクセントに

斎藤工、『BG』『火村英生の推理』“バディもの”で輝く理由 鋭い眼差しが物語のアクセントに

 木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が、7月2日に第3話を迎えた。

 島崎章(木村拓哉)がフリーのボディーガードに転身し、チーム戦から個人戦になるというシーズン2の前情報は、蓋を開けてみれば後を追って「KICKS CORP.」を辞める高梨(斎藤工)とのバディ本格始動であった。第2話で登場した恵麻(川栄李奈)の姉・美和(谷村美月)が任務終了時に島崎と高梨へとかけた「いいコンビね。ベタベタ仲良くはないけど、お互い分かるところは分かってる」という言葉は、2人の関係性を的確に言い表している。

 斎藤工のバディものとして思い浮かぶ作品に『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日本テレビ系)がある。窪田正孝とのわけありの異色バディが好評を呼び、2019年にSPドラマとして復活した本格推理エンターテインメント。「この犯罪は美しいか?」と殺人現場に快楽を求める火村(斎藤工)には、時折、内に狂気じみた闇を感じさせていた。対して、高梨はぶっきらぼうで融通が利かない性格。だがボディーガードという職業には、熱い使命感を持っており、「弱き者の盾になる」という島崎の信念に惹かれ、バディを組むことを選んだ。

 斎藤の演じている2つの役柄はてんでばらばらだが、共通しているのは彼の鋭い眼差しだ。第3話でもクライアントの道岡(豊原功補)から初対面で「サービス業には全く向いてない」と言われる高梨は、思ったことがそのまま顔に出てしまうというボディーガードとしては少々難のある部分を持ち合わせている。同時に、冷静沈着な島崎と違い、向こう見ずな高梨はボディーガードにも関わらず相手を攻撃してしまうことも。キックボクシングを彷彿とさせる鈴木(田邊和也)とのアクションシーンは、第3話の一つの見ものだ。

 ほかにも、高梨の感情が顔に出る性格は、ところどころでドラマのアクセントになっている。道岡の声に反応してしまい狸寝入りが島崎にバレるシュールな表情、“昔の女”と呼ぶ菅沼(菜々緒)に余計な一言を言ってしまい、追いかける間もなくタクシーで過ぎ去る彼女を呆然と眺める切ない顔。どれもが“男女間の先輩”島崎とのバディから生み出されるワンシーンであり、回を増すごとに2人のテンポもよくなってきている。それも撮影休止期間に、連絡を取り合っていた木村拓哉との信頼の表れだ。「誤差なし」のセリフをシーズン1から継承し続けているのは、この2人だけである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる