『ムーラン』新たな日本公開日が9月4日に決定 クリスティーナ・アギレラの新曲流れる最新映像も

 公開が延期となっていたディズニー最新作『ムーラン』の新たな日本公開日が9月4日に決定。あわせて最新映像が公開された。

 当初4月17日公開予定だった本作だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け5月22日に延期。その後、さらに公開再延期となっていた。本作は、愛する人を守るため、本当の自分を隠して闘う、ディズニー史上最強ヒロインを描くファンタジー・アドベンチャー。主人公のムーランは、愛する父の身代わりとなり、男性と偽って兵士として国の運命をかけた戦いに立ち向かっていく。

  『ドラゴン・キングダム』のリウ・イーフェイがムーランを演じるほか、『マイアミ・バイス』のコン・リー、『HERO』のジェット・リー、『イップ・マン』シリーズのドニー・イェンらが脇を固める。『スタンドアップ』『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』などの作品で知られる、ニュージーランド出身の女性監督ニキ・カーロがメガホンを取った。

 ムーランの日本版声優を務めるのは、“元宝塚男役トップスター”の明日海りお。ディズニー作品初の吹き替え参加となる小池栄子が実写版オリジナルキャラクターの“魔女”シェンニャン役を務める。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガーの城南海が、日本版主題歌「リフレクション」を歌う。

『ムーラン』最新映像

   公開された最新映像では、愛する父の身代わりに男性と偽って兵士となるムーランが、“本当の自分”と“偽りの自分”の間で葛藤する姿や、女性として敵に立ち向かっていくシーンが、クリスティーナ・アギレラの新曲「Loyal Brave True」に乗せて描かれている。アギレラは、本作で『ムーラン』を代表するディズニー屈指の名曲「リフレクション」をアニメーション版に引き続き担当。「Loyal Brave True」は、本当の自分を隠し真実を告げられずに思い悩むムーランの心情を、オリエンタルな美しいメロディに乗せて歌ったバラードとなっている。

■公開情報
『ムーラン』
9月4日(金)全国公開
監督:ニキ・カーロ
出演:リウ・イーフェイ、コン・リー、ジェット・リー、ドニー・イェン
オリジナル・サウンドトラック:ウォルト・ディズニー・レコード
日本語吹替版声優:明日海りお、小池栄子
ジュニア・ノベル:小学館
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2020 Disney Enterprises,Inc. ALL Rights Reserved

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる