「夏のホラー秘宝まつり 2020」3都市で開催決定 マリオ・バーヴァ監督の日本未公開作含む特集も

 映画祭「夏のホラー秘宝まつり 2020」が、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)の3都市で開催されることが決定した。

 2014年からキネカ大森にてスタートし、毎年動員が増え続けている映画祭「ホラー秘宝まつり」。7年目となる今年は、8月21日から9月3日にかけてキネカ大森(東京)、今夏にシネマスコーレ(名古屋)、8月22日からシアターセブン(大阪)の3都市で開催される。

 本映画祭がプレミア上映となる新作邦画2作と韓国映画1作、リバイバル&日本初上映となる旧作洋画5作の計8作のラインナップも発表された。

 江戸川乱歩の短編を現代にアレンジした双子姉妹の愛欲渦巻くエロティックホラー『メビウスの悪女 赤い部屋』や、ガチンコ心霊ドキュメンタリー『怪談新耳袋Gメン』シリーズの最新作、韓国発“史上最恐のホラー映画”の噂の真相を追ったオカルトミステリー『ワーニング その映画を観るな』といった新作から、ゾンビ映画黎明期の傑作『悪魔の墓場』のリバイバル、そしてイタリアン・ホラー黄金期を作ったマリオ・バーヴァ監督の日本初紹介作品を含む4選を総力特集する。

 あわせてポスタービジュアルも公開。このビジュアルを使用した映画祭チラシは、7月上旬より各映画館にて配布される。

Arrow
Arrow
『メビウスの悪女 赤い部屋』 - (c)2020「メビウスの悪女 赤い部屋」製作委員会
ArrowArrow
Slider

■開催概要
「夏のホラー秘宝まつり 2020」
キネカ大森にて、8月21日(金)~9月3日(木)開催
シネマスコーレにて、今夏開催
シアターセブンにて、8月22日(土)~開催
料金:当日1500円/旧作1100円
配給・宣伝:ブラウニー
公式サイト:http://horror-hiho.com
公式Twitter:@horror_hiho

【上映作品】
『メビウスの悪女 赤い部屋』
出演:清水楓、川野直輝、柳憂怜、波岡一喜、草野康太、木下ほうか、美保純
原案:江戸川乱歩『双生児』
監督・脚本・編集:窪田将治
エグゼクティブプロデューサー:村上潔
プロデューサー:山口幸彦、宮下昇
製作:キングレコード フェイスエンタテインメント
企画・製作プロダクション:フェイスエンタテインメント
宣伝・配給:ブラウニー
2020年/日本/カラー/66分/HD
(c)2020「メビウスの悪女 赤い部屋」製作委員会

『怪談新耳袋Gメン 2020』
監督:佐藤周
出演(予定):後藤剛(シャイカー社長)、佐藤周、山口幸彦(キングレコード)、はち(日本人形)ほか
協力:木原浩勝、中山市朗
2020年/日本/約90分
(c)2020 怪談新耳袋製作委員会 BS-TBS/キングレコード

『ワーニング その映画を観るな』
監督:キム・ジンウォン
脚本:キム・ジンウォン
出演:ソ・イェジ、チン・ソンギュ、キム・ボラほか
2019年/韓国/86分
(c)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

『悪魔の墓場』
監督:ホルヘ・グロウ
脚本:サンドロ・コンチネンツァ、マルチェロ・コスチア
出演:レイ・ラヴロック、クリスチーヌ・ガルボ、アーサー、ケネディほか
1974年/イタリア=スペイン/94分

『血みどろの入江』※日本初上映
監督:マリオ・バーヴァ
脚本:マリオ・バーヴァ、ジョセフ・マクニー、フィリッポ・オットーニ
撮影:マリオ・バーヴァ
出演:クロディーヌ・オージェ、ルイジ・ピスティッリ、イザ・ミランダ
1970年/イタリア/86分
Naor World Media Films,Inc

『リサと悪魔』※日本初上映
監督:マリオ・バーヴァ
音楽:カルロ・サヴィーナ
出演:エルケ・ソマー、テリー・サヴァラス
1973年/イタリア/95分
Naor World Media Films,Inc

『血ぬられた墓標』
監督:マリオ・バーヴァ
脚本:エンニオ・デ・コンチーニ、マリオ・セランドレイ
原作:ニコライ・ゴーゴリ
撮影:マリオ・バーヴァ
出演:バーバラ・スティール、ジョン・リチャードソン、イヴォ・ガラーニ
1960年/イタリア/83分
Naor World Media Films,Inc.

『呪いの館』
監督:マリオ・バーヴァ
脚本:ロマノ・ミグリオリーニ、ロベルト・ナタール、マリオ・バーヴァ
撮影:アントニオ・リナルディ
出演:ジャコモ・ロッシ・スチュアート、エリカ・ブラン、ファビエンヌ・ダリ
1966年/イタリア/83分
Naor World Media Films,Inc.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる