山下智久、色気と存在感のある役者・アーティストへ 世界挑戦までの探求心を追う

 およそ1年前、ジャニーズ事務所の所属タレントとして初めて公式Instagramを開設した山下智久。先日、日本の男性タレントとして初のフォロワー数500万人を突破し、現在は主要キャストとして出演する国際連続ドラマ『THE HEAD』(Hulu)が配信中。同ドラマではエンディングテーマも担うなど、役者として、そしてアーティストとして、世界へと大きな一歩を踏み出した。

 山下の演技初挑戦は、ジャニーズJr.主演によるオムニバスドラマ『BOYS BE…Jr.』(1998年/日本テレビ系)。以降、『池袋ウエストゲートパーク』(2000年/TBS系)、『カバチタレ!』(2001年/フジテレビ系)、『ランチの女王』(2002年/フジテレビ系)、『Stand Up!!』(2003年/TBS系)など、バイプレイヤーとして着実に経験を積んできた。

 一方で、2003年にNEWSのメンバーとしてデビュー。2005年にはドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)の登場人物である“修二と彰”として亀梨和也とユニットを結成し、リリースした「青春アミーゴ」は累計売上160万枚を突破。今年、15年ぶりに放送された特別編は毎週高視聴率を叩き出し、衰え知らずの人気を見せつけた。

 同作をはじめ、見た目はチャラいが母親想いの高校生・矢島勇介を演じた『ドラゴン桜』(2005年/TBS系)、自身が「尊敬する先輩」と慕う山崎努との共演作『クロサギ』(2006年/TBS系)など、出演作はすべて大ヒット。『プロポーズ大作戦』(2007年/フジテレビ系)では、すれ違いばかりの岩瀬健(通称:ケンゾー)に心からエールを送ったし、山下が出演するドラマは定期的に「あれは名作だった」と思い出すほど、シンプルにストーリーもおもしろかった。

 そして、代表作となる『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年/フジテレビ系)へ。演じたのはフライトドクター・藍沢耕作。事故現場での腕の切断を「楽しかった」と言い放ち、「誰よりも早く、俺は名医になる」と孤独を貫いていた藍沢が、仲間との絆を手に入れ「誰かのために医者でありたい」と思えるまで、医師として、人として成長していく物語。そんな藍沢同様、10年続いた同シリーズを通し、山下自身も役者として大きな成長を遂げたことは言うまでもない。

 山下智久という人は、ただそこに居るだけで強い光を放つ。過去の雑誌をペラペラとめくってみたが、ジュースを飲んでいるだけでかっこいい、ジャケットを羽織るだけでかっこいい、りんごを持っているだけでかっこいい、つまりは何をしていてもかっこいいのである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ