メル・ギブソンとヴィンス・ヴォーンがバディに 『ブルータル・ジャスティス』8月公開決定

メル・ギブソンとヴィンス・ヴォーンがバディに 『ブルータル・ジャスティス』8月公開決定

 メル・ギブソン主演映画『Dragged Across Concrete(原題)』が、『ブルータル・ジャスティス』の邦題で8月28日より公開されることが決定した。

 本作の監督を務めたのは、人喰い先住民とガンマンたちとの凄絶な戦いを描いた『トマホーク ガンマンvs食人族』、ドラッグディーラーが取引失敗の代償として刑務所内で男の殺害を命じられる『デンジャラス・プリズン ―牢獄の処刑人―』、 過去2作がともにカルト的な人気を得ながらも日本未公開だったS・クレイグ・ザラー。本作が待望の日本初公開作となる。

 主演を務めるのはアカデミー賞作品賞ほか6部門へのノミネートを果たした監督作『ハクソー・リッジ』が記憶に新しいギブソン。相棒にヴィンス・ヴォーンを迎え、息の合った演技を披露する。 さらに、トリー・キトルズ、マイケル・ジェイ・ホワイト、ジェニファー・カーペンター、ドン・ジョンソンのほか、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』のトーマス・クレッチマンが極悪非道な強盗犯を演じるなど、個性派俳優が集結した。

 ベテラン刑事ブレット(メル・ギブソン)とその相棒トニー(ヴィンス・ヴォーン)は、強引な逮捕が原因で6週間の無給の停職処分となる。家族のために大金を必要としていたブレットは、一攫千金を狙い、ある犯行を計画。それは、不穏な動きを始めた犯罪者の情報を得て、その取引後に金を強奪するというものだった。ブレットはトニーを誘い、ボーゲルマンという男を監視する。ある朝、動き始めたボーゲルマンとその仲間を尾行するブレットとトニー。ところが、その追走劇は、彼らを待ち受ける地獄の始まりだった。

 なお本作は、第40回ゴールデンラズベリー賞において、「最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞」の候補入りを果たした。

■公開情報
『ブルータル・ジャスティス』
8月28日(金)新宿バルト9、梅田ブルク7にて公開
監督:S・クレイグ・ザラー
撮影:ベンジ・バクシ
編集:グレッグ・ダウリア
音楽:ジェフ・ヘリオット、S・クレイグ・ザラー
出演:メル・ギブソン、ヴィンス・ヴォーン、トリー・キトルズ、マイケル・ジェイ・ホワイト、ジェニファー・カーペンター、ウド・キア、トーマス・クレッチマン、ドン・ジョンソン
配給:クロックワークス
2018 年/カナダ・イギリス・アメリカ/英語/159分/シネマスコープ/DCP5.1ch/日本語字幕:平井かおり/R15+
(c)2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://klockworx-v.com/brutaljustice/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ