尾上寛之、『探偵・由利麟太郎』で志尊淳の同級生役に 「優しい目で見守っていただけたら」

尾上寛之、『探偵・由利麟太郎』で志尊淳の同級生役に 「優しい目で見守っていただけたら」

 カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時より放送中の吉川晃司主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』。6月23日放送の第2話にゲスト出演する尾上寛之のコメントが到着した。

 本作は、吉川演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。

 第2話「憑かれた女」にゲスト出演する尾上が演じるのは、志尊演じる三津木の学生時代の同級生で、ミステリー同好会の仲間だった井出圭一。ある日、三津木と井出は、道端で、祇園のクラブホステス・吉岡エマ(水上京香)に遭遇する。店の常連客である井出に、エマは突然「女性の死体を見た」と告げる。日頃から幻覚に悩まされているエマが、“目撃した”という凄惨な殺人事件の謎に、由利と三津木の名コンビが挑む。

 尾上は、小学生の頃からCMや映画に多数出演する芸歴の長い俳優。『スカーレット』や『ひよっこ』など、NHK朝の連続テレビ小説にも多数出演。映画やテレビに登場するたびに、その確かな演技力で強い印象を残してきた。そんな尾上が、今回の作品や役どころ、主演の吉川の印象などを語った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

尾上寛之 コメント

ドラマの台本を読んだ時の感想

吉川さんとご一緒できると聞いて、緊張と興奮で心がざわついたのを覚えています。なんにも考えられなくて、初見は台本が頭に入ってこなかったです。

演じた井出圭一はどんな人物か。また、演じる上で意識したこと

大人になりきれない、大人を夢見ている子供っていう印象です。自分の中での大人と子供のバランスを意識しながら演じさせていただきました。

横溝ミステリー、この作品の魅力

人間の心の闇の恐ろしさ、そしてなにより由利麟太郎がかっこいい!

京都での撮影について

子役の頃から撮影所にお世話になっているので、嵐電に乗って撮影所に行くのも懐かしいですし、また帰ってこられたんだなとうれしくもあり、幸せな時間でした。

吉川晃司の印象

初めてお会いした時、あまりのダンディーさに見ほれてしまいました。日本人離れしたスタイルと細かい気遣いと、大人の色気を勉強させていただきました。

第2話の見どころ、注目してほしいポイントなど、視聴者へのメッセージ

志尊君と同級生の役なんですよ。優しい目で見守っていただけたらなと思います。

■放送情報
『探偵・由利麟太郎』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00~21:54放送
原作:横溝正史『由利麟太郎シリーズ』(角川文庫刊、柏書房刊)
出演:吉川晃司、志尊淳、木本武宏、どんぐり、田辺誠一
ゲスト出演:新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路ほか
脚本:小林弘利
演出・プロデュース:木村弥寿彦(カンテレ)
プロデューサー:萩原崇(カンテレ)、森井敦(東映京都撮影所)、福島一貴(東映京都撮影所)
メインテーマ・エンディングテーマ:吉川晃司 
メインテーマ:「Brave Arrow」
エンディングテーマ:「焚き火」
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
音楽:ワンミュージック
制作協力:東映京都撮影所
制作著作:カンテレ
(c)カンテレ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ