『エール』に集ったミュージカル出身俳優たち 第13週は山崎育三郎と古川雄大の邂逅に注目!

『エール』に集ったミュージカル出身俳優たち 第13週は山崎育三郎と古川雄大の邂逅に注目!

 連続テレビ小説『エール』(NHK総合)第13週では、“福島三羽ガラス”の一角、佐藤久志(山崎育三郎)と「ミュージックティーチャー」御手洗清太郎(古川雄大)がコロンブスレコードのオーディションを受ける。

 山崎演じる久志は「頭脳明晰、眉目秀麗、神が与えし美しい声」と称される音楽学校のプリンスだ。ドラマでもモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』から「La ci darem la mano」(手をとりあって)を披露するなど歌の実力は随一。山崎自身、20代で『モーツァルト!』や『レ・ミゼラブル』、『エリザベート』に出演し、華々しい経歴を誇る「ミュージカル界のプリンス」である。ミュージカルの舞台では、満員の観衆を前にして、歌、演技、ダンスの全てにおいて高い表現力が求められる。山崎も舞台で培った経験を生かして、映画にドラマに変幻自在の活躍を見せる。

 『下町ロケット』(TBS系)で佃製作所をガウディ計画に橋渡しする元社員や、『あなたのことはそれほど』(TBS系)で主人公の夫に思いを寄せる同僚を演じると、『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)で待望のドラマ初主演を飾った。同作は各話に山崎演じる結婚相談所所長・藍野の歌とダンスが挿入され、最終回では総勢50人のキャストによるミュージカルシーンを披露。山崎育三郎という俳優の個性を全面に押し出した意欲作だった。

 古川も舞台出身のミュージカル俳優だ。音(二階堂ふみ)に歌の指導をし、裕一(窪田正孝)の公演を手助けする御手洗はドイツ帰りの音楽教師。トランスジェンダーであることで辛い経験をしてきた御手洗が自らを「ミュージックティーチャー」と称するのは理由があり、オーディションでは久志と火花を散らす。

 長身でミステリアスな雰囲気も漂う古川は、プリンシパルキャストとして6年連続で帝国劇場に出演するなど長らく舞台を主戦場としてきた。並行して映像の分野にも進出し、連続ドラマでは『下町ロケット ヤタガラス編』(TBS系)や、最近では『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)のバーのオーナー来島役が記憶に新しい。

 山崎と古川は2018年のミュージカル『モーツァルト!』の主役をダブルキャストで務めた実力伯仲の盟友であるが、歌ひとつとっても両者の個性は異なる。『エール』での2人に共通するのは登場時のインパクトだ。ウインクで悩殺する神出鬼没な久志と、音楽への情熱が止まらない「ミュージックティ」御手洗は、ともに画面からはみ出しそうな存在感を放つ。

 古川は御手洗を演じるにあたって「オーバーにやりすぎないよう、なるべくナチュラルに心がけました」(参考:『エール』古川雄大、“跳んでるキャラ”御手洗役を語る 「自然に受け入れてもらえるような人物に」)と語っている。舞台で鍛え上げた山崎や古川の演技は「シアトリカル」という言葉が似つかわしく、良い意味での異化効果をもたらしている。朝ドラを舞台にした2大スターの対決は過去最大級のインパクトを生むはずだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ