フローラン・ダバディ、『エール』出演 元日本代表監督トルシエの通訳としても活躍

フローラン・ダバディ、『エール』出演 元日本代表監督トルシエの通訳としても活躍

 多種多様なキャストが出演しているNHK連続テレビ小説『エール』。オムニバス週の最終話となる6月19日の放送に、フローラン・ダバディが出演した。

 第59話と第60話「環のパリの物語」は、双浦環(柴咲コウ)がまだ駆け出しだったころ、留学中のパリでの物語。恋人・嗣人(金子ノブアキ)との別れ、一流のオペラ歌手になる路を選んだ環の姿が描かれた。

 そんな「環のパリの物語」のラストシーンに登場したのが、絵画批評家・ピエール役のフローラン・ダバディ。現在、30代以上の方、あるいは熱心なサッカーファンの方であれば、この顔にピンと来た方も多いのではないだろうか。日本を熱狂の渦に巻き込んだ今から18年前のサッカーワールドカップ日韓大会。フィリップ・トルシエ監督の通訳兼アシスタントとして、数々のメディアで注目されたのがフローラン・ダバディだ。トルシエ監督退任後も、スポーツキャスターとして、テレビ番組のナビゲーターなどで活躍し続けている。

 そんなダバディが、『エール』で役者としてデビュー。嗣人の想いを環につなぐ人物として、出演シーンは短いながらも印象的な演技を披露した。先日逝去されたダバディの父は、フランソワ・トリュフォー監督作『私のように美しい娘』の脚本も手がけているジャン=ルー・ダバディ。母語のフランス語のほかに、日本語、英語、韓国語にも堪能なだけに、今後も役者としての活躍が期待される。

※記事初出時、一部に記述の誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)〜9月26日(土)予定
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、薬師丸ひろ子、菊池桃子、光石研、中村蒼、山崎育三郎、森山直太朗、佐久本宝、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、風間杜夫、唐沢寿明ほか
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出:吉田照幸、松園武大ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ