恒松祐里&小沢真珠、『家政夫のミタゾノ』で姉妹のような母娘役に 高地優吾との恋の行方は?

恒松祐里&小沢真珠、『家政夫のミタゾノ』で姉妹のような母娘役に 高地優吾との恋の行方は?

 6月19日に放送される『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)第3話に、恒松祐里と小沢真珠が出演することが決定した。

 本作は、松岡昌宏扮する、女装した家政夫“ミタゾノさん”こと三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。新型コロナウイルス感染拡大のため、放送を一時中断し、傑作選を放送していたが、6月19日の第3話より通常放送を再開する。

 第3話でミタゾノさんたちが派遣されるのは、ある航空会社社長の自宅。夫の朔治は元パイロット、妻の百合子は元CA、そしてその娘・桜はグランドスタッフという、華々しい“フライト一家”に隠された、ある秘密をあぶり出してしまう。

 百合子と桜は、母娘でありながらお揃いのバッグや洋服で着飾る、まるで姉妹のような関係。2人の仲の良さと華やかな容姿はSNSでも話題になり、多くの人から羨望の眼差しを浴びていた。そんな百合子と桜の姿を見たミタゾノは、2人の間に流れる空気に、どこか違和感を覚える。さらに婚約者がいるはずの桜が、父の運転手である国木田という男性と密かに交際し、駆け落ちまで画策していることがわかり、百合子はパニックになる。

 姉妹のような母娘を演じるのは、小沢真珠と恒松祐里。これまでにも数々の作品を彩ってきた小沢が、“美魔女・百合子”を“妖艶に”演じる。そして1月期ドラマ『女子高生の無駄づかい』のヲタ役の恒松が、早くも金曜ナイトドラマ枠に帰ってくる。

 航空会社社長の運転手・国木田を演じるのは、高地優吾。今年待望のメジャーデビューを果たしたSixTONESのメンバーとして活躍する高地が、『家政夫のミタゾノ』でテレビ朝日のドラマに初出演を果たす。

※高地優吾の「高」は「はしごだか」が正式表記

■放送情報
『家政夫のミタゾノ』
テレビ朝日系にて、毎週金曜23:15〜0:15放送
出演:松岡昌宏、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、飯豊まりえ、しゅはまはるみ、平田敦子、余貴美子
脚本:小峯裕之ほか
演出:片山修、小松隆志ほか
主題歌:Hey! Say! JUMP「Last Mermaid…」
音楽:ワンミュージック
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、椋尾由希子(MMJ)
制作:テレビ朝日、MMJ
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ