湯浅政明監督作『犬王』メインスタッフ発表 松本大洋によるキャラクター原案も

湯浅政明監督作『犬王』メインスタッフ発表 松本大洋によるキャラクター原案も

 2021年公開予定の長編アニメーション映画『犬王』のメインスタッフが発表され、あわせてキャラクター原案画像が公開された。

 本作は、650年以上続く舞台芸術 “能”の歴史に隠された、 知られざるポップスター・犬王を、監督・湯浅政明×キャラクター原案・松本大洋×脚本・野木亜紀子のタッグで描くミュージカル・アニメーション。南北朝~室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分した実在の能楽師・犬王と、盲目の琵琶法師・友魚の友情を描く。

 キャラクターデザイン・作画監督を務めるのは、『ピンポン THE ANIMATION』など様々な作品で湯浅監督とタッグを組んできた伊東伸高。加えて、美術監督を『ねこぢる草』の中村豪希、メインアニメーターを『四畳半神話大系』や『映像研には手を出すな!』などで湯浅と一緒に作品を作ってきた松本憲生が務めることが決定した。 

 また、6月15日より初のオンライン開催となるアヌシー国際アニメーション映画祭2020が開幕。映画・アニメのプロフェッショナルが集い、公開予定の作品の制作過程を紹介するプログラム「Work in Progress」に映画『犬王』が選出され、6月15日の16時より本映画祭プログラム内動画にて、湯浅政明監督自らが本作のテーマである知られざる能楽師をポップスターとして描く背景について明かし、制作進行中のアニメーションの一部や設定画、松本大洋によるキャラクター原案を初公開する。

 湯浅監督は主人公2人について、「犬王は不遇の中にあっても、とことん明るく、自分の生き方を自分で決める存在。友魚は盲目の琵琶法師で耳に聞こえたものから、世界を認識していく。明るくて自分を肯定する力が強い犬王に出会って、心を開き、2人でどんどん人気者になっていく」と解説。キャラクター原案については、時代設定がありながらも、「松本大洋さんらしい流麗な雰囲気を映像でも再現したい」「真っ暗闇の中で音がしたものから次々に画が見えていく様子を映像として表現したい」と、幾つかのテスト映像も披露する。

 「伝統芸能というと難しそうなイメージがありますが、当時大衆に人気があったというのが面白いと感じたので、現代のパンクやハードロック、ヒップホップなど、新しいジャンルのポップミュージックが登場し、人々を熱狂させた瞬間のように、様々な自由な表現も入れながら描きたい」「社会生活の中で、なかなか報われないと感じている人も多くいるのではないかと思いますが、しっかりちゃんとやったものは、どこかで残っていくものだ、というようなテーマをこの映画で伝えられたらと思いますし、こんな人がいたかもしれない、という犬王と友魚の二人の物語は、とても力強いものになりそうだ、という手ごたえを感じています」と語っている。

■公開情報
『犬王』
2021年公開予定
原作:『平家物語 犬王の巻』古川日出男著/河出書房新社
監督:湯浅政明
脚本:野木亜紀子
キャラクター原案:松本大洋
キャラクターデザイン・作画監督:伊東伸高
美術監督:中村豪希
メインアニメーター:松本憲生
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:アスミック・エース
(c)“INU-OH” Film Partners
公式Twitter:https://twitter.com/inuoh_anime

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ