名曲の誕生秘話描く『剣の舞 我が心の旋律』予告編&場面写真 若き作曲家の苦悩の日々が

名曲の誕生秘話描く『剣の舞 我が心の旋律』予告編&場面写真 若き作曲家の苦悩の日々が

 7月31日に公開される映画『剣の舞 我が心の旋律』の予告編と場面写真が公開された。

 「仮面舞踏会」や「剣の舞」など数々の名曲を残したクラシック界の巨匠アラム・ハチャトリアンが、若き日にたったひと晩で書き上げた「剣の舞」に込めた民族の悲しみと世界平和への祈り、その知られざる真実を描いた本作。

 第二次世界大戦下のソ連。迫り来る戦火から逃れるため、レニングラード国立オペラ・バレエ劇団はモロトフに疎開していた。寒さと食糧不足に悩まされながら、団員達はまもなく初演となるバレエ『ガイーヌ』の練習を続けている。劇団の音楽を担当する作曲家アラム・ハチャトゥリアンは振付家のニーナから連日のように変更が伝えられ、修正に追われていた。重圧に苦しむアラムは、入院騒ぎを起こしてしまうが、親友の作曲家ショスタコーヴィチらとの音楽談義に癒され、作曲家としての矜持を強くする。初演が迫ったある日、文化省の役人プシュコフは完成した『ガイーヌ』の結末を変更した上に、最終幕に士気高揚する踊りを追加せよと命じる。団員の誰もが不可能と訴えるが、アラムは作曲家人生を懸けて理不尽な挑発に立ち向かう。

映画『剣の舞 我が心の旋律』予告編

 公開された予告編では、ソ連政府の理不尽な要求や厳しい検閲に苦しみながらも、のちに巨匠となる若きハチャトゥリアンの苦悩の日々と、「剣の舞」完成までの感動と軌跡が描かれている。戦時下ということで政府の役人プシュコフの徹底した監視下のもと、政府に都合のいいように曲を変更させられ徐々に追い込まれていくハチャトゥリアンだが、作曲家仲間や劇団員の励まし、そして何よりも「アルメニア人の血を引く作曲家として同胞たちの心の叫びを音楽にして世界に伝える」という誇りと強い想いを胸に作曲を続ける。場面写真では、苦悩するハチャトゥリアンの姿が切り取られている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『剣の舞 我が心の旋律』
7月31日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督・脚本:ユスプ・ラジコフ
出演:アンバルツム・カバニン、アレクサンドル・クズネツォフ、セルゲイ・ユシュケビッチ
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
ロシア・アルメニア映画/2019年/原題:Tanets s sablyami
(c)2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC
公式サイト:tsurugi-no-mai.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる