「EUフィルムデーズ」今年はオンラインで開催へ 『ビッレ』『父から息子へ』などラインナップも発表

 オンライン映画祭「EUフィルムデーズ2020オンライン」が、6月12日から25日にかけて青山シアターにて開催されることが決定した。

 「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに、日本初公開作品や見逃してしまった近作など、欧州連合(EU)加盟国の映画を一挙に紹介する映画祭「EUフィルムデーズ」。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京、京都、広島での開催が中止したが、今回オンライン映画祭の形で特別開催されることになった。

 「EUフィルムデーズ2020オンライン」では、EU加盟国より20カ国が参加。7作の日本未公開作品に加え、過去のEUフィルムデーズで好評を得た選りすぐりの作品など、全21プログラムが配信される。

 日本未公開作品には、2018年に本国ラトビア最大の映画祭で最優秀作品賞を受賞した『ビッレ』がラインナップ。ソ連占領時代に発禁処分を受け、幾度となくノーベル文学賞候補となった作家ベルシェヴィツァの自伝的小説を映画化したもので、1930年代のソ連とドイツに翻弄されるラトビアで過ごした少女時代を描く。

 そのほか、ドイツ作品として、第91回アカデミー賞ドキュメンタリー賞にノミネートされた『父から息子へ~戦火の国より~』が上映される。ドイツ在住のシリア人監督が、アルカイダ組織の一員である父親とその息子たちに密着。戦争への眼差しとシリアの民主化を求めて奮闘する若者たちに迫った話題作が登場する。

 また、過去のEUフィルムデーズで上映された『リトル・マン』(チェコ)や『アルデンヌ』(ベルギー)、劇場公開された『パパは奮闘中』(ベルギー)や『バルバラ セーヌの黒いバラ』(フランス)などもラインナップされた。

 視聴方法は、青山シアターにて会員登録(無料)後、作品単品での購入視聴のほか、映画祭がセレクトした作品パックなどを用意。さらにカンヌ・クラシック2012のクロージングを飾ったハンガリーの『ファイナル・カット』は無料配信される。男女の恋や別れという普遍的な物語を、有名な映画作品450本から選ばれたカットの絶妙な編集によって語る、映画愛に溢れた作品となっている。

『ブレンダンとケルズの秘密』アイルランド
『小さな灯り』イタリア
『ヨハンナ・ドーナル 女性大臣・フェミニスト』オーストリア
『ケースのためにできること』オランダ
『スマグリング・ヘンドリックス』キプロス
『メルテム』ギリシャ
『ヴァトレニ』クロアチア
『ANIARA アニアーラ』スウェーデン
『フリア IST』スペイン
『ルーザーとして私の最後の年』スロヴェニア
『リトル・マン』チェコ
『父から息子へ~戦火の国より~』ドイツ
『ファイナル・カット』ハンガリー
『頑固じいさんとしあわせな時間』 フィンランド
『バルバラ セーヌの黒いバラ』 フランス
『猿』ブルガリア
『アルデンヌ』ベルギー(FLA)
『パパは奮闘中』ベルギー(WBI)
『メモリーズ・オブ・サマー』 ポーランド
『ジョゼとピラール』ポルトガル
『ビッレ』ラトビア
previous arrow
next arrow
 
『ブレンダンとケルズの秘密』アイルランド
『小さな灯り』イタリア
『ヨハンナ・ドーナル 女性大臣・フェミニスト』オーストリア
『ケースのためにできること』オランダ
『スマグリング・ヘンドリックス』キプロス
『メルテム』ギリシャ
『ヴァトレニ』クロアチア
『ANIARA アニアーラ』スウェーデン
『フリア IST』スペイン
『ルーザーとして私の最後の年』スロヴェニア
『リトル・マン』チェコ
『父から息子へ~戦火の国より~』ドイツ
『ファイナル・カット』ハンガリー
『頑固じいさんとしあわせな時間』 フィンランド
『バルバラ セーヌの黒いバラ』 フランス
『猿』ブルガリア
『アルデンヌ』ベルギー(FLA)
『パパは奮闘中』ベルギー(WBI)
『メモリーズ・オブ・サマー』 ポーランド
『ジョゼとピラール』ポルトガル
『ビッレ』ラトビア
previous arrow
next arrow

配信ラインナップ

・『メルテムー夏の嵐』(監督:バジル・ドガニス/2019年/ギリシャ/日本初公開)
・『ルーザーとしての私の最後の年』(監督:ウルシャ・メナルト/2018年/スロヴェニア/日本初公開)
・『フリア・イスト』(監督:エレナ・マルティン/2017年/スペイン)
・『ヨハンナ・ドーナル 女性大臣・フェミニスト』(監督:ザビーネ・デルフリンガー/2019年/オーストリア/日本初公開)
・『ビッレ』(監督:イナーラ・コルマネ/2018年/ラトビア/日本初公開)
・『ジョゼとピラール』(監督:ミゲル・ゴンサルヴェス・メンデス/2010年/ポルトガル
・『パパは奮闘中』(監督:ギヨーム・セネズ/2018年/ベルギー(フランス語圏国際交流振興庁提供))
・『頑固じいさんとしあわせな時間』(監督:ティーナ・リュミ/2018年/フィンランド)
・『スマグリング・ヘンドリックス』(監督:マリオ・ピペリディス/2018年/キプロス/日本初公開)
・『ANIARA アニアーラ』(監督:ペラ・コーゲルマン、ヒューゴ・リリャ/2018年/スウェーデン)
・『小さな灯り』(監督:ファビオ・バドラート、ジョンニ・コスタンティーノ/2018年/イタリア/日本初公開)
・『アルデンヌ』(監督:ロビン・プロント/2015年/ベルギー(アーツフランダース・ジャパン提供)/EU Filmdays 2016上映作品)
・『猿』(監督:ディミタル・コツェフ=ショショ/2016年/ブルガリア/EU Filmdays 2018上映作品)
・『ケースのためにできること』(監督:モニーク・ノルテ/2014年/オランダ/日本初公開)
・『父から息子へ~戦火の国より~』(監督:タラル・デルキ/2017年/ドイツ)
・『ヴァトレニ~クロアチアの炎~』(監督:エドソン・ラミレス/2018年/クロアチア)
・『バルバラ セーヌの黒いバラ』(監督:マチュー・アマルリック/2017年/フランス)
・『メモリーズ・オブ・サマー』(監督:アダム・グジンスキ/2016年/ポーランド)
・『リトル・マン』(監督:ラデク・ベラン/2015年/チェコ/EU Filmdays 2017上映作品)
・『ブレンダンとケルズの秘密』(監督:トム・ムーア/2009年/アイルランド/EU Filmdays 2011上映作品)
・『ファイナル・カット』(監督:パールフィ・ジョルジュ/2012年/ハンガリー/EU Filmdays 2014上映作品)

■開催概要
「EUフィルムデーズ2020オンライン」
期間:6月12日(金)~25日(木)
配信元:青山シアター
視聴料金:単品(全作品 ※ハンガリーを除く)300円(税込)
お得なプログラムパック(予定)各500円(税込)
※購入・視聴可能期間は、青山シアター「EUフィルムデーズ2020オンライン」サイトにて近日発表
<主催>
駐日欧州連合代表部および在日EU大使館・文化機関(アイルランド大使館、イタリア大使館、イタリア文化会館、オーストリア大使館、オーストリア文化フォーラム東京、オランダ王国大使館、ギリシャ共和国大使館、クロアチア共和国大使館、スウェーデン大使館、スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、スロヴェニア共和国大使館、チェコ共和国大使館、チェコセンター東京、ドイツ連邦共和国大使館、ゲーテ・インスティトゥート東京、ハンガリー大使館、ハンガリー文化センター、フィンランド大使館、フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、ブルガリア共和国大使館、ベルギー王国大使館、アーツフランダース・ジャパン、ベルギーフランス語圏国際交流振興庁(WBI)、ポーランド広報文化センター、ポーランド共和国大使館、ポルトガル大使館、カモンイス言語・国際協力機構、ラトビア共和国大使館)、EUNIC-Japan(在日EU文化機関)
EUフィルムデーズ2020公式サイト:https://eufilmdays.jp/
配信サイト:https://aoyama-theater.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる