故ブルーノ・ガンツがフロイト教授役で出演 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』公開へ

故ブルーノ・ガンツがフロイト教授役で出演 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』公開へ

 故ブルーノ・ガンツが出演した映画『Der Trafkant(原題)』が、『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』の邦題で7月24日より全国公開されることが決定。あわせてビジュアルと場面写真が公開された。

 2012年オーストリアで出版され、ドイツ国内で50万部以上のが発行されたローベルト・ゼーターラーのベストセラー『キオスク』を映画化した本作は、1937年ナチ・ドイツとの併合に揺れるウィーンを舞台に、17歳の青年フランツが、精神分析学者ジークムント・フロイト教授の教えを請いながら、恋に悩み、成長していく姿を描いた人間ドラマ。ニコラウス・ライトナーが監督を務め、『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー〜最期の12日間〜』のガンツが主演を務めた。

 公開されたビジュアルでは、フランツを見つめるガンツ演じるフロイト教授の眼差しが印象的に切り取られており、「答えを見つけるため生まれるのではない 問いかけるためだ」とコピーが添えられている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
7月24日(金・祝)より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
出演:ジーモン・モルツェ、ブルーノ・ガンツ、ヨハネス・クリシュ、エマ・ドログノヴァ
監督:ニコラウス・ライトナー
原作:ローベルト・ゼーターラー(『キオスク』2017年東宣出版 酒寄進一訳)
提供・配給:キノフィルムズ
配給協力:REGENTS
オーストリア、ドイツ/2018年/113分/R15/原題:Der Trafikant/日本語字幕:吉川美奈子
(c)2018 epo-film, Glory Film
公式サイト:17wien.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ