千葉雄大×伊藤沙莉、『いいね!光源氏くん』撮影の裏側を明かす 「笑いすぎてNG」

千葉雄大×伊藤沙莉、『いいね!光源氏くん』撮影の裏側を明かす 「笑いすぎてNG」

 4月4日からNHK総合で放送がスタートする『いいね!光源氏くん』より、千葉雄大と伊藤沙莉のコメントが公開された。

 本作は、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』など意欲作が続くNHKよるドラ枠第6弾となる、えすとえむの同名コミックを実写化したラブコメディ。『源氏物語』の中で、雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織と同居生活を送る模様を描く。

 主人公・光源氏を千葉、沙織を伊藤が演じるほか、桐山漣、入山杏奈、神尾楓珠らがキャストに名を連ねている。

 千葉は自身が演じる役柄について、「目の前で起こったことを素直に楽しんでいて、鈍感な部分もあるけど、柔らかさをもって、切なさもありつつ。僕はそこがすごく好きで、本当に純な人物だなと思いました」と、これまで数々の作品で描かれてきた光源氏像とは異なると語る。そんな光源氏を自宅に招き入れることになる沙織を演じる伊藤は、「沙織は自分に自信がないし、美人の妹がいて、自分は脇役人生って勝手に思い込んで勝手に辛くなっている女性」と解説し、共感する部分が多々あったと振り返る。

 劇中、光源氏が突然和歌を詠むというシーンがあるという。千葉は、「(共演者やスタッフに)多々ご迷惑をおかけしたなと思いますけど(笑)、そういう誇張されがちなところを、いかに真剣にやるかということが、楽しくて印象に残っています」とそのシーンを振り返る。一方、伊藤は奇抜なシーンではなく、日常描写が印象に残っているようで、「歯磨きを教えてる時間とか、スマホのいじり方を教えてる時間とか、そういう些細なシーンが自分の中では濃かったなと思うし、すごく楽しかったです」と語った。

 コメディ作ということで、千葉は「笑いすぎてNG」という役者人生の中でも初めての経験をしたという。物語の中に急に差し込まれる恋愛シーンがツボにハマってしまったようで、「お芝居だから当たり前なんだけど、『なにやってるんだろう、我々』って思ったら笑いが止まらなくなって、困りました。面白いんだろうなっていうところを、真剣にやればやるほどこらえるのが辛かったり」とコメント。伊藤も、「撮影現場でこんなに自分でいたことあるのかなっていうくらい、シンプルに楽しかったですし、一生ふざけてたので(笑)」と現場の様子を明かした。

■放送情報
よるドラ『いいね!光源氏くん』
NHK総合にて、4月4日(土)スタート 毎週土曜23:30〜(29分・全8回)
出演:千葉雄大、伊藤沙莉、桐山漣、入山杏奈、神尾楓珠、小手伸也ほか
原作:えすとえむ
脚本:あべ美佳
音楽:小畑貴裕
演出:小中和哉 田中諭
制作統括:管原浩(NHK)、竹内敬明(テイク・ファイブ)
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/
公式Twitter:https://twitter.com/nhk_purpleamore

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ