少年が過激思想に染まっていく ダルデンヌ兄弟『その手に触れるまで』予告編&ポスター公開

少年が過激思想に染まっていく ダルデンヌ兄弟『その手に触れるまで』予告編&ポスター公開

 5月22日公開の映画『その手に触れるまで』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 第72回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した本作は、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督が「いつか題材にするだろう」と語っていたテロについての物語。ベルギーに暮らす、ゲーム好きの13歳の少年アメッドは、徐々に尊敬するイマーム(イスラム指導者)に感化され、過激な思想にのめり込む。やがて、その思想にとって脅威と思われる先生を殺さなければいけないと思い込んでしまったアメッド。狂信的な考えに取り憑かれてしまった少年は、気持ちを変えることができるのか。

 なお、ダルデンヌ兄弟の監督作品がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出されるのは8作品連続。本作の監督賞受賞をもって、パルムドール(『ロゼッタ』『ある子供』)、男優賞(『息子のまなざし』)、女優賞(『ロゼッタ』)、脚本賞(『ロルナの祈り』)、グランプリ(『少年と自転車』)と審査員賞を除くすべての主要賞受賞という史上初の快挙を成し遂げた。

 公開されたポスターでは、どこか一点を真剣に見つめるアメッドの表情が切り取られている。

ダルデンヌ兄弟最新作『その手に触れるまで』予告

 予告編では、アメッドが足もとに隠していたナイフを手に取り、 学校の先生・イネスに襲いかかる緊張感あふれるシーンや、母親の心配をよそに熱心に礼拝所へ通う様子、一人車を飛び出し駆け抜けていく姿が映し出されている。

■公開情報
『その手に触れるまで』
5月22日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック、クレール・ボドソン、オスマン・ムーメン
配給:ビターズ・エンド
2019年/ベルギー=フランス/84分/1.85:1/英題:Young Ahmed/原題:Le Jeune Ahmed
公式サイト:bitters.co.jp/sonoteni

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる