ブルース・リーのヌンチャク姿も 『イップ・マン 完結』日本版予告公開

ブルース・リーのヌンチャク姿も 『イップ・マン 完結』日本版予告公開

 5月8日公開の『イップマン』シリーズ最新作『イップ・マン 完結』より、日本版予告編が公開された。

 本作は、ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる『イップマン』シリーズの最新作にして完結編。1964年、最愛の妻との死別後、イップ・マンは愛弟子ブルース・リーの招待を受け息子とともにサンフランシスコに渡った。しかし、リーが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれる。

 『イップ・マン』シリーズのウィルソン・イップが監督を務め、『イップ・マン外伝 マスターZ』ではメガホンを取ったユエン・ウーピンがアクション監督を務める。そして、川井憲次が音楽を担当する。

映画『イップ・マン 完結』日本版予告編

 公開された日本版予告編は、悪性腫瘍が見つかったイップ・マンが、残された時間を使い、愛弟子であるブルース・リー(李小龍)に逢うためサンフランシスコへ渡る場面から始まる。しかし、そこで西洋人に中国武術を伝えるブルース・リーが中華街の掟を破った者として師匠たちの怒りを買っていることを知ったイップ・マンは、ブルースを庇い、太極拳の達人であり、中華総会長のワン(ウー・ユエ)と対峙することに。お互いの信念をかけて、無言でガラスの円卓を押し合う場面や、異国で暮らす同郷の人々を追い詰めていたアメリカ海兵隊軍曹バートン(スコット・アドキンス)の暴挙に、「不正に立ち向かう、それが武術を学んだ理由だ」と、病に侵された身体で最期の闘いに挑むイップ・マンの姿が映し出される。また、前作では激闘シーンがなかったチャン・クォックワン演じるブルース・リーのヌンチャク姿などおなじみの場面や、台湾のアイドルグループF4のヴァネス・ウーの姿も収められている。

■公開情報
『イップ・マン 完結』
5月8日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、スコット・アドキンス、チャン・クォックワン
アクション監督:ユエン・ウーピン
製作:レイモンド・ウォン
脚本:エドモンド・ウォン
音楽:川井憲次
配給:ギャガ・プラス
原題:葉問4 完結篇/英題:Ip Man 4/2019年/香港
(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/ipman4/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる