アリ・アスター監督長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』の4DX上映が決定

 現在全国公開中の『ミッドサマー』のアリ・アスター監督長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』が、4DX版で3月27日より全国の4DXシアターで上映されることが決定した。

 

『ヘレディタリー/継承』は、ある一家に訪れる恐怖を描くホラー映画。グラハム家の祖母・エレンの死をきっかけに、グラハム家では、不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がするなど奇妙な出来事が頻発する。やがて、一家は修復不能なまでに崩壊、想像を絶する恐怖が一家を襲う。

 4DX版では、ある夜、兄・ピーターと妹・チャーリーが事故にあうシーン、チャーリーが鳴らす「コッ」という舌の音、母・アニーが変貌していく終盤、そして衝撃のクライマックスが、より臨場感を持って体感できる。

■公開情報
『ヘレディタリー/継承』
3月27日(金)より、全国4DXシアターにて公開
出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド
脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン
配給:ファントム・フィルム
原題:Hereditary/2018年/アメリカ映画/ビスタサイズ/127分/PG-12
(c)2018 Hereditary Film Productions, LLC
公式サイト:hereditary-movie.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる