近藤春菜、『2分の1の魔法』吹替版で主人公の母親役に 「誰よりも似ていると思った」

近藤春菜、『2分の1の魔法』吹替版で主人公の母親役に 「誰よりも似ていると思った」

 ディズニー&ピクサー最新作『2分の1の魔法』の日本語吹替版声優として、ハリセンボン・近藤春菜の出演が決定した。

 『モンスターズ・ユニバーシティ』のダン・スキャンロンが監督を務めた本作は、『トイ・ストーリー』のおもちゃの世界、『モンスターズ・インク』のモンスターの世界、『ファインディング・ニモ』の魚の世界など、イマジネーションあふれる“もしも”の世界を描き続けてきた、ディズニー&ピクサーの最新作。何をやっても上手くいかない少年イアンと魔法オタクの兄バーリーとの兄弟の冒険を描く。

 近藤は、内気な少年イアンと陽気な兄・バーリーを愛する優しい母・ローレルを演じる。近藤にとって、初の母親役となる。主人公のイアン役を志尊淳、兄のバーリー役を城田優が演じており、2人の母親役を演じたことについて、近藤は「イアンとバーリーはまさに志尊さんと城田さんにぴったりな役柄でした! 私も二人が演じる兄弟のお母さん役を演じ、家族の一員になれたことが嬉しかったです。ローレルは、優しくて勇敢ですごく素敵なお母さんで、演じていてあたたかい気持ちになりました」「相手を思いやる二人の絆に“無償の愛”を感じたし、素敵な家族だなと胸を打たれました。ラストシーンはめちゃくちゃ感動しました」とコメント。さらに、「『2分の1の魔法』の予告編を観て、誰よりもローレルに似ていると思っていたので、自分がやりたいという気持ちがありました。決まった時はとても嬉しかったです!」と語っている。

■公開情報
『2分の1の魔法』
近日公開
監督:ダン・スキャンロン
出演:トム・ホランド、クリス・プラット
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる