『ブラック・ウィドウ』キャラクターポスター公開 フローレンス・ピューら“家族”の姿が

 5月1日に日米同時公開となる映画『ブラック・ウィドウ』のキャラクターポスターが公開された。

 本作は、全世界歴代興行収入記録を塗り替え世界No.1となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続く、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作。同作で衝撃の決断を下した人気キャラクター“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれる。

 公開されたキャラクター・ポスターは、ブラック・ウィドウをはじめ、“妹”のエレーナ、“母”のメリーナ、“父”のアレクセイ=レッド・ガーディアンという、ブラック・ウィドウとその家族が描かれている。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズから離れ逃亡中の空白の時間にいるブラック・ウィドウを描く本作は、そんな彼女の過去を知る、もう1つの“家族”との再会によって大きく動き出す。

 第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた若手女優フローレンス・ピューが演じるのは、ブラック・ウィドウが“妹”と呼び、彼女と同等の戦闘能力を持つエレーナ。姉と久々の再会を果たすなり銃を向け合う複雑な関係だが、ユーモア溢れるやりとりには家族の絆が垣間見える。ピューは「私が演じるエレーナはブラック・ウィドウの妹のような存在なの。2人の出会いはとても強烈なシーンになっているのよ」と語っている。

 そしてアカデミー賞受賞経験者であるレイチェル・ワイズが演じるのは、天才科学者の母メリーナ。彼女もブラック・ウィドウやエレーナ同様に厳しい訓練を受けた暗殺者であると同時に、2人も知らない極秘研究に携わっていると言われ、まだ多くの謎が残る存在。 父のアレクセイ=レッド・ガーディアンを演じるのは、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のデヴィッド・ハーバー。原作コミックではロシアのキャプテン・アメリカと呼ばれる、ヒーローらしからぬぽっちゃりボティが魅力的なキャラクターだ。キャプテン・アメリカに熱いライバル心を燃やす一方、家族の再会を喜ぶユニークな側面もある。

■公開情報
『ブラック・ウィドウ』
5月1日(金)日米同時公開
監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン、レイチェル・ワイズ、フローレンス・ピュー、デヴィッド・ハーバー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2019 MARVEL

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる