戸田恵梨香「大事なもんを、大事にせい」 『スカーレット』桜庭ななみを動かした言葉

戸田恵梨香「大事なもんを、大事にせい」 『スカーレット』桜庭ななみを動かした言葉

 喜美子(戸田恵梨香)は信作(林遣都)から「みんなの陶芸展」にジョージ富士川(西川貴教)を呼んでほしいと頼まれる。このことは喜美子にとって、“信楽への恩返し“になりそうだ。連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)の第148話では、それぞれの日常を切り取りながら、大切なものを見失わずに生きることを描く。

 直子(桜庭ななみ)は武志(伊藤健太郎)のドナーになるための検査をすることで、布袋と口論になってしまったと言う。前の夫である鮫島(正門良規)なら、喜んで助けてくれただろうと話す直子。鮫島との思い出を語るうちに、直子は涙ぐむ。直子の心にはまだ、鮫島の存在が消えずにいるのだろう。そんな直子に対して喜美子は、「大事なもんを、大事にせい」と鮫島を探しに東京に行くことを提案する。直子は喜美子の言葉を聞き入れ、川原家を後にするのだった。

 その後、信作と照子(大島優子)が喜美子を訪ねてくる。「みんなの陶芸展」にジョージ富士川を呼びたいという申し出だった。喜美子は、ジョージ富士川に頼みごとをするのが恐れ多いと渋っていたが、“信楽への恩返し”という信作の言葉で依頼することを決意し、手紙をしたためるのであった。書きあがった手紙は3通。そこにはちや子(水野美紀)と草間(佐藤隆太)に宛てた手紙もあった。

 「大事なもんを、大事にせい」。シンプルだが、喜美子を象徴するような言葉である。喜美子が八郎(松下洸平)との新しい関係を築き上げたこと、父や母の面倒を見ながら誰よりも大切にしてきたこと、武志のために身をもって陶芸の素晴らしさを伝えてきたこと。喜美子はいつだってさりげなく家族と向き合っていた。そして陶芸を極めてからは、その対象は家族よりもさらに先へと広がっていく。陶芸教室を始める決意であったり、理香子(早織)に作品を作ったりと、自分にできることで“誰かを大切に”し続けていた。こうして生きてきた喜美子だからこそ、有事には多くの人が手を差し伸べ助けてくれる。

 喜美子にとって“信楽への恩返し”は「大事なもんを、大事にせい」の精神のひとつである。ジョージ富士川に思いは届くのだろうか。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
NHK連続テレビ小説『スカーレット』
NHK総合にて、2019年9月30日(月)〜2020年3月放送予定
出演:戸田恵梨香、伊藤健太郎、松下洸平、大島優子、林遣都、桜庭ななみ、松田るか ほか
脚本:水橋文美江
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
演出:中島由貴、佐藤譲
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ