加藤清史郎主演映画『#ハンド全力』特報映像公開 小山田壮平の初の書き下ろし主題歌音源も

加藤清史郎主演映画『#ハンド全力』特報映像公開 小山田壮平の初の書き下ろし主題歌音源も

 5月22日に公開される松居大悟監督最新作『#ハンド全力』(ハッシュタグ ハンドゼンリョク)の主題歌が小山田壮平初の書き下ろし楽曲「OH MY GOD」に決定し、あわせて特報映像が公開された。

 本作は、大河ドラマやCMなどで子役として大活躍し、現在17歳となった加藤清史郎が主演を務め、『アズミ・ハルコは行方不明』や『君が君で君だ』の松居が監督を務める青春映画。廃部寸前の高校ハンドボール部がSNSで蘇るさまを描く。

 熊本在住の高校生・清田マサオは、夢中になれるものもなく、幼なじみの岡本とスマホをいじるだけの無気力な日々を送っていた。ある日、マサオが震災で離ればなれになってしまった親友タイチと3年前に仮設住宅前で一緒にハンドボールをしていた写真をアップすると、その投稿に思わぬ熱いコメントが続々と集まり出す。それに気をよくし「#ハンド全力」とハッシュタグを付けたところ、全国からさらに“善意”が寄せられ、大きな反響を呼ぶ。マサオと岡本の二人はSNSを盛り上げるためだけに、廃部寸前の男子ハンドボール部部長・島田と再建に向け奔走するのだが……。

 ハンド仲間として、醍醐虎汰朗、佐藤緋美、坂東龍汰、鈴木福、磯邉蓮登、岩本晟夢、甲斐翔真らが出演。また、蒔田彩珠、芋生悠、篠原篤、植野行雄(デニス)、プー&ムーのおたこぷーとおさむ(プー&ムー)、仲野太賀、志田未来、安達祐実、ふせえり、田口トモロヲが共演に名を連ねる。

映画『#ハンド全力』特報映像

 公開された特報映像には、主人公マサオ(加藤清史郎)がSNSに投稿したかつての写真が思いがけずバズったことをきっかけに、幼なじみの岡本(醍醐虎汰朗)と「#ハンド全力」のアカウント名で“頑張っているフリ”の画像を撮影したり、仲間たちと全力でSNSを盛り上げている様子が、小山田の楽曲をバックに映し出されている。小山田は、本作を観たあとに書き下ろしたという主題歌「OH MY GOD」で、不器用に傷つきながらも、信じたことに真っすぐ全力疾走する人たちの青春の一片を伸びやかに歌い上げている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

小山田壮平 コメント

夢中になっていたい。周りの目なんて気にしないで、好きなことにまっすぐでいたい。シンプルなことだけど、なかなか難しいこと。かなりの怠け者で、すぐに無気力になってしまう自分の背中を、そっと押してくれるような映画でした。「OH MY GOD」は輝く時を生きる人々の叫びであり、祈りの歌です。素敵な映画の一部になれて幸せです。

※宮崎大輔の「崎」は「たつさき」が正式表記。

■公開情報
『#ハンド全力』
5月15日(金)熊本先行公開
5月22日(金)より、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
出演:加藤清史郎、醍醐虎汰朗、蒔田彩珠、芋生悠、佐藤緋美、坂東龍汰、鈴木福、篠原篤、植野行雄(デニス)、おたこぷー(プー&ムー)、おさむ(プー&ムー)、岩本晟夢、磯邊蓮登、渕上 晃、甲斐翔真、田中美久(HKT48)、宮崎大輔、仲野太賀、志田未来、安達祐実、ふせえり、田口トモロヲ
監督:松居大悟
脚本:松居大悟、佐藤大
主題歌:小山田壮平「OH MY GOD」(Sparkling Records)
制作協力:セカンドサイト、グラスホッパー
制作プロダクション:ザフール
配給:イオンエンターテイメント、ラビットハウス、エレファントハウス
特別協賛:渡作株式会社(インパル)
協賛:モルテン、東洋ライス
協力:熊本県ハンドボール協会、山鹿市ハンドボール協会、熊本国際スポーツ大会推進事務局
特別協力:公益財団法人日本ハンドボール協会
2020/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/108分
(c)2020「#ハンド全力」製作委員会
公式サイト:http://handzenryoku.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる