プラバース主演『サーホー』6分超えの本編冒頭映像公開 犯罪都市ワージーの全貌が明らかに

プラバース主演『サーホー』6分超えの本編冒頭映像公開 犯罪都市ワージーの全貌が明らかに

 3月27日公開の映画『サーホー』より、本編冒頭映像が公開された。

 『バーフバリ』シリーズで主演を務め、人気と知名度が国際的なものとなった俳優プラバースの最新作となる本作は、架空の都市ワージーを舞台にしたクライムアクション。

 架空の都市ワージーで起きた3億ドルの盗難事件。警察はこの難解な事件を“伝説の捜査官”に潜入捜査を託すことになった。その捜査官の名は、アショーク。窃盗団を追ううちに、アショークは巨大な裏組織が隠し持つ金庫の存在にたどり着く。巨万の富が眠る金庫の鍵となる“謎のブラックボックス”を巡って、アショークと裏組織たちとの全人類初体験のアクションと予測不能なストーリーが幕を開ける。

映画『サーホー』オープニング映像

 公開された映像では、6分を超える長さとなるオープニングシーンが切り取られている。犯罪都市ワージーと、インド・ムンバイを舞台に展開が繰り広げられる本作の世界観を説明している。

 キーマンとなるのは、きらびやかな都市・ワージーを裏で牛耳るロイ・グループの首領・ロイ(ジャッキー・シュロフ)。裏社会の帝王にまでのし上がったロイは、デーヴラージ(チャンキー・パーンデー)との後継者争いに勝ったものの、内部対立の激化を恐れていた。そこでロイは裏社会から脱却し、インド・ムンバイで新たな合法事業を展開しようとする。インド政府からの優遇措置を手に入れたロイは、一族を前に念願のインド進出の祝杯をあげる。

 ロイのインド進出に反対するムンバイ閣僚をとんでもない手段で強制的にサインさせる一面や、ロイに敵対心を抱くデーヴラージたちの怪しい視線、そしてそれぞれの思惑が渦巻く一族たちの姿が一気に描かれている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『サーホー』
3月27日(金)新宿ピカデリーほかにて公開
監督:スジート
出演:プラバース、シュラッダー・カプール、マンディラ・ベーディー、ニール・ニティン・ムケーシュ、ジャッキー・シュロフ、チャンキー・パーンデーほか
配給:ツイン
2019/インド/原題:SAAHO/5.1ch/169分
公式サイト:https://saaho.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる