吉川愛、『恋つづ』佐藤健との再共演で子役からの思い語る 「カメレオン女優になることが目標」

吉川愛、『恋つづ』佐藤健との再共演で子役からの思い語る 「カメレオン女優になることが目標」

 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系、以下『恋つづ』)も、いよいよ後半に突入。ツンデレな“魔王“ことドSドクターの天堂浬(佐藤健)と、恋をパワーに変えて成長していくひたむきな“勇者“の新人ナース・佐倉七瀬(上白石萌音)が繰り広げる王道ラブコメが、ますます盛り上がりを見せている。

 また、この物語は天堂と七瀬だけでなく、同時進行でいくつもの恋模様が展開しているのも見どころの1つ。天堂を追いかける七瀬を、“シュークリーム作戦“で応援すると言いつつ、気づけばすっかり惹かれてしまった優男ドクター・来生(毎熊克哉)。さらに、その来生を陰ながら見つめているのが、優等生ナース・酒井結華だ。

 そんなちょっぴりクールで、素直になれない不器用さを持ち合わせた酒井結華を好演しているのが吉川愛だ。3歳で芸能界入りし、子役として数々の作品に出演。2009年には、ドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)で、佐藤健との共演実績も。一時芸能界と距離を置くも、2017年に復帰し、新たな一歩を踏み出した。

 2019年1月クールでは、深田恭子主演のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系、以下『はじ恋』)で、横浜流星演じる由利匡平に片想いする江藤美香(通称:エトミカ)役をコミカルに演じたことでも記憶に新しい。作品ごとにその印象をガラリと変えてくる、これからがますます楽しみな20歳の吉川に、本作の舞台裏や今後の見どころ、そして女優としての目標について聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「キュンキュンな展開に“やっぱり王道でしょ!“って」


――『恋つづ』の胸キュンなストーリーが、回を重ねるごとに話題を呼んでいますが、吉川さんは王道ラブコメはお好きですか?

吉川愛(以下、吉川):はい。もともと恋愛ドラマや少女マンガも好きでしたので、今回撮影していても、いち視聴者としてオンエアを見ても、キュンキュンしますね。「王道ってすごいな」と思っていたんですが、だんだん「やっぱり王道でしょ!」ってなってきました(笑)。

――これまでのシーンで、一番ときめいたのは?

吉川:それはもう第4話のラスト、天堂先生から七瀬への不意打ちキスですね。台本読んで“おおお! そう来たか!”ってテンション上がりました。あのシーンの前日だったかな? (上白石)萌音ちゃんに「もうすぐキスシーンなんでしょ? キュンキュンさせてね!」って言いました(笑)。

――いい雰囲気で撮影されているのが、伝わってきます!

吉川:本当に、現場が楽しくて仕方ないです。萌音ちゃんはムードメーカーですね。現場を癒やしてくれますし、いてくれるだけで本当に空気がパッと明るくなる感じ。萌音ちゃんも含めて新人ナース仲間4人は、本当に同世代なので撮影の合間に「休みの日は何してるの?」とか小さい頃の話とか、いろいろ話してますね。でも、最近4人のシーンが少なくて……もっと集まってほしいなって思っています。


――佐藤健さんとは『メイちゃんの執事』以来の共演ですが、何かお話はされましたか?

吉川:「全然変わらないね」って言われました。共演したときはすごく小さかったけど、顔つきがそのころから大人っぽかったから、そのまま育った感じだよね、と。でも、佐藤さんのほうが全然変わってなくて、すごいなって思いました(笑)。小さかったので、あのころの記憶は鮮明ではないんですが、私の中ではすごくやさしいお兄ちゃんでした。たまに遊んでくれたり、バレンタインチョコを渡した思い出があります。

――改めて共演されてみて、いかがですか?

吉川:今回もすごくやさしくしていただいて、本当に素敵な方ですし、俳優さんとしても尊敬しています。

――以前、佐藤健さんにインタビューをしたところ、「みんなで好きな食べ物ベスト3を言い合った」とおっしゃってましたが。吉川さんもその話題には参加されたんですか?

吉川:はい、言いました! 私は1位がお肉で、2位がパンで、3位がチーズです。ただ最近、ラーメンとかもハマってて……循環器内科のナースとしてはあまりよろしくないラインナップですね。 もっと野菜を食べないと(笑)。

「もっと来生先生に結華をキュンキュンさせてもらいたい」


――今回演じている酒井結華に、共感するところはありますか?

吉川:そうですね、私の母も厳しいほうなので、それこそ私の芝居とかに「もっとこうした方が良かったんじゃない?」って、昔は結構言われていました。なので、元ナースの患者さんとの向き合い方に苦戦していた第6話は、気持ちがわかるなって。見ていてもらえて嬉しいんだけど、うまくできなかったのが悔しいなと思うし……結構いろんな感情が動かされました。多分、結華もそんな環境で育ったんだろうなっていうのがあるので、そういう人間的な部分を内面から出していけたらいいなって思ってます。

――結華が想いを寄せる来生先生役の毎熊克哉さんとは、どんなお話をされているんですか?

吉川:Paraviで配信されるサイドストーリーで、結華の妄想シーンを撮ったのが、ちょうど成人の日だったんですね。私が20歳なのに気づいて「そういえば、成人式だね、おめでとう」って言ってくださって。それから成人式の話をしたり。来生先生、1人だけサンダルみたいなのを履いていて。「あれ、こんな靴でしたっけ?」って聞いたら、「そうだよー。すごく履きやすいんだよ」って。そんなふうに、のんびりと雑談していることが多いですね。

――仕事に真面目で熱心な一方で、恋愛に関して不器用なところがありますが、そこはどうでしょうか?

吉川:私もあまり積極的なほうではないので、“ああ、ここで、いけないんだな”っていうのがわかりますね。でも「結華、もうちょっとこうしとけば良かったのに!」とか「話しかけちゃえば良いのに!」「いっちゃいなよ!」とか、心の中ではちょっとツッコミながら結華を演じています。私の中で、結華はずっと恋愛をしてきていないというイメージなので、初めて好きになった人が優しい来生先生で、よかったなって。やっぱり実ってほしいなと思いますよね。『はじ恋』では実らなかったので(笑)。個人的には、もっと来生先生に結華をキュンキュンさせてもらいたいです。「結華、待っていますよー」って

――では、吉川さん自身は天堂担か、来生担かと聞かれたら?

吉川:うーん。さすがに、ちょっと魔王は……厳しすぎるかもですね(笑)。あんなに怒られたら「うっ……」ってなってしまいそうなので。きっと好きになってくれたら、一途でいてくれそうですけどね。やっぱり、優しい来生先生がいいです! 「シュークリーム作戦」とか言いながら、どんどん近づいているのも可愛いですし。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ