佐藤健と毎熊克哉がそれぞれの良さを発揮! 『恋はつづくよどこまでも』七瀬の恋はまだまだ続く

佐藤健と毎熊克哉がそれぞれの良さを発揮! 『恋はつづくよどこまでも』七瀬の恋はまだまだ続く

「泣くなよ。俺がいるから……好きだよ」

 ついに来た、ラブコメ黄金パターン! 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)第6話は、ヒロインに想いを寄せるイケメン2人が、それぞれの良さを発揮。“もうどちらかを選べなんて無理!“状態へ突入した。ストイックななかに時折見せるやさしさや可愛らしさがニクい“魔王“こと天堂浬(佐藤健)か、いつも味方になってほしい言葉をくれる“シュークリーム先生“こと来生晃一(毎熊克哉)か。あなたはどちら推しだろうか!?

 天堂から「俺の彼女」という称号を手にして、喜びに包まれていた佐倉七瀬(上白石萌音)だったが、そこに天堂の元恋人・若林みのりに瓜二つな双子の妹・みおり(蓮佛美沙子)がやってくる。みのりの死を乗り越え、同じ医師として奮闘する天堂に、みおりは興味津々の様子。天堂が大阪で講演すると聞きつけ、さっそく「自分も行く」とアプローチ。さらに、階段から転び、天堂の胸の中へ。グイグイと距離を縮めてくるみおりを目撃し、ざわめいた七瀬はこっそり天堂のあとをつけていくことに……。

 だが、尾行はあっさり失敗。探偵ごっこをしても、やはりドジっ子新人ナースっぷりは健在だ。意気消沈した七瀬がトボトボと路上を歩いていると、財布をなくした男性が意識を失ってしまう。それは、かつて天堂と出会った状況を彷彿とさせる展開。だが、今の七瀬はただ「誰か!」と助けを求めるだけではない。冷静に周囲に協力を求め、自分ができる最善の処置を行っていく七瀬。「救急車を呼んでもらえますか。電信柱に住所が」はかつての天堂の動きを思い起こさせる。

 そこに聞こえてきたのは「状況は?」という天堂の声。幻聴かと思われたが、顔を上げると本当に天堂の姿がそこに。初対面と似た状況から、七瀬の成長を感じることができたこのシーン。以前は、天堂だけが救急車に乗り込んだが、今回は「お前も乗れ」と声をかける。その光景が、医師とナースとしても、そして恋人としても、同じ道を歩み出した2人を象徴しているようだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ