目覚めると妻との出会いがなかったことに 『ラブ・セカンド・サイト』予告編&ポスター公開

 5月1日に公開となる『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督と『エール!』の製作陣が再タッグを組んだ本作は、若くして結婚したジェラン監督が、自身の結婚生活を見直すことで生まれた、オリジナルのラブストーリー。

 高校時代、一目惚れから結婚したラファエルとオリヴィアだが、人気SF作家として多忙な日々を送るラファエルと、小さなピアノ教室を開くオリヴィアの夫婦生活はすれ違いが続いていた。2人が大喧嘩をした翌朝、見覚えのない部屋で目覚めたラファエル。そこは、自分はしがない中学教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した“もう一つの世界”だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった。

 ポスタービジュアルでは、美しいパリを背景に笑顔で見つめ合うラファエル&オリヴィア、そして1人の幸せな瞬間を捉えた写真の数々が。「“愛”を知ること。それは、“愛”すること。」とキャッチコピーが添えられている。

映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』予告編

 予告編は、初々しいラファエルとオリヴィアの高校生時代から始まる。もう一つの世界に迷い込んでしまうラファエル。「あなたと結婚していたら、きっと幸せになれたわね」と笑顔で話すオリヴィアの言葉で、過去の自分を見つめ直す。作家として成功してからは、自分本位な行動ばかりで「僕は彼女を傷つけてばかりだった」と振り返る。しかし、ラファエルが自分の過ちを認め、彼女の存在の大切さに気付いた時には、彼女のそばには婚約者が。目に涙を浮かべこれまでの行動を悔やむラファエル。そして彼の記憶の中に確かに存在する彼女のはじける笑顔や二人で祝った誕生日、そして互いを愛しく想いながら抱きしめ合った瞬間など、幸せだった日々が次々に駆け巡り、胸を締め付ける展開となっている。

■公開情報
『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』
5月1日(金)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
監督:ユーゴ・ジェラン
出演:フランソワ・シビル、ジョセフィーヌ・ジャピ、バンジャマン・ラベルネ
配給:シンカ
提供:シンカ、フラッグ、ハピネット
(c)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS
公式サイト:love-second-sight.jp
公式Twitter:@lovesecondmovie
公式Instagram:@lovesecondmovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ