堺正章、『麒麟がくる』本木雅弘&高橋克典との対峙を振り返る 「信秀の方が僕にとっては手強い」

 毎週日曜日に放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)。望月東庵役の堺正章よりコメントが寄せられた。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 堺が演じる東庵は、今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ京の医師。生涯にわたって光秀を導く存在になる。

 本日放送の第4回では、斎藤道三(本木雅弘)に命じられ、東庵、光秀(長谷川博己)、菊丸(岡村隆史)の三人が尾張・古渡城へ潜入する模様が描かれた。

堺正章(望月東庵役)コメント

斎藤道三(本木雅弘)とのシーンについて

東庵は心の中で、道三は絶対に首は斬らないと読んでいます。道三は情報がほしいので、東庵を殺してしまうと何の情報も得られませんから、絶対に首は斬らない。 東庵にしても、借金を返すためには、道三は大事な男ですからね。道三をも手玉にと りつつ、情報を与え、信秀を視察し、また道三に情報を与えていく……東庵は不思議な役どころです。でも、もしあのとき道三に斬られていたら、あそこで僕は最終回でしたからね(笑)。生き延びる ことができて良かったです。あのころは、命はとても軽いもので、毎回戦死や病死で、次から次へと人がこの世を去っていきます。その時代を成した男たちでも、やっぱり健康や寿命にはかなわないところがありますから、ドラマの中でも、命を預かる医者は、大事な役どころだと思います。

本木雅弘さんは道三をとてもエネルギッシュに演じていますが、それは光秀をどのように盛り立てていくかという ことの裏返しだと思います。道三はとても豪快で、ずうずうしい男ですが、「静」と「動」のうち、「動」を道三が演じ、そうすることで、そこに動じない光秀の姿がより引き立つような気がします。本木さんとは『徳川慶喜』以来の共演です。顔の距離がとても近かったです! 抱きしめてやろうかと思いました(笑)。

織田信秀(高橋克典)とのシーンについて

道三と信秀、どちらが手強いかというと、信秀の方が僕にとっては手強い相手です。信秀と双六で対決しますが、それは小さな戦のようでした。賭け事をしている時、人はどこか気を許してしまうことがありますので、そこから何か情報を得たり、その得た情報をどう生かしていくのか、今回はその序章に過ぎないのではないかと思います。高橋克典さんの演技も、迫力のある智将という感じでした。

視聴者へのメッセージ

東庵は、僕の中ではまだ謎の人物で、演じるのがとても難しいです。武将ではなく庶民ですし、どこか不思議な存在ですから、戦国の世でこれからどういかされていくのか、これからとても楽しみです。もしかすると宇宙人なんじ ゃないかと(笑)。武将たちのシーンは本音と建前が交錯しますが、東庵のシーンは、身構えずに少しリラックスしてご覧いただける、ホッとできる時間です。現代にも通じる生活感を、上手く演じることができればと思います。

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ