元乃木坂46 衛藤美彩、『みをつくし料理帖』に遊女役で出演 物語後半の重要なシーンにも登場

 元乃木坂46の衛藤美彩が、今秋公開予定映画『みをつくし料理帖』に出演することが決定した。

 高田郁による同名小説の刊行10周年を記念し、角川春樹の生涯最後の監督作として製作される本作は、幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。主演の松本穂香が澪を演じ、奈緒が友人の野江役を務めるほか、中村獅童、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、藤井隆、石坂浩二らが出演する。

 衛藤が演じるのは、奈緒演じるあさひ太夫のいる翁屋の遊女・菊乃。8歳の時に大坂の大洪水で主人公・澪と生き別れになった野江は、両親を失い路頭に迷う中、遊郭に身をおき、吉原で頂点を極める花魁・あさひ太夫として生きていた。女たちが寄り添いながら自由を奪われ生きる中、時にあさひ太夫を気遣い、助ける献身的な遊女という役どころだ。物語の後半の重要なシーンにも登場する。

 あわせて公開された場面写真には、劇中での衛藤の登場シーンが切り取られている。

■公開情報
『みをつくし料理帖』
2020年秋、全国公開
出演:松本穂香、奈緒、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、藤井隆、衛藤美彩、石坂浩二(特別出演)、中村獅童
製作・監督:角川春樹
脚本:江良至、松井香奈、角川春樹
原作:『みをつくし料理帖』高田郁 ハルキ文庫(角川春樹事務所)
料理監修:服部幸應
制作統括:遠藤茂行
制作:楽映舎
配給:東映
(c)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会
公式サイト:miotsukushi-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ