『テセウスの船』竹内涼真が母の思いを知る 31年前の音臼村は、想像以上の闇の深さ

『テセウスの船』竹内涼真が母の思いを知る 31年前の音臼村は、想像以上の闇の深さ

 佐野と心の間にそびえ立っているのは31年という時間の厚みだ。音臼小事件以来、見る影もなく変わり果てた家族を知る心にとって、佐野や妻・和子(榮倉奈々)の笑顔はあまりにもまぶしく、思わず「そんなに強くいられるものかな」と和子に本音をもらしてしまう。「家族なんて信頼し合っていても、もろいもんだなって」とつぶやく心に和子は語りかける。

 「嫌な目に遭っている子どもたちが少しでも救われるなら、『お父さんなんていないと思いなさい』って言うかも。そりゃあ辛いけど、お父さんならきっとわかってくれる」。母の思いに触れ、バラバラになった家族が見えない絆でつながっていたことを知る心。信頼する佐野とともに、明音の跡を追って山中の小屋にたどり着いたのだが……。

 予想を裏切る結末によって、手繰りかけた真実は闇の中に消えた。心の身にふりかかった危機に佐野はどのように立ち向かうのか。ワードプロセッサに犯行計画を打ち込む男の正体も気になる。翼が犯人でないとすると、村人の中に真犯人が隠れていることになるが、誰が、どんな動機で犯行に及んだのか。そして、佐野の身に起こる出来事を、心は実の父親に伝えることができるのか。画面の向こうで吹く風の冷たさと闇の深さに思わず身震いした。

■石河コウヘイ
エンタメライター、「じっちゃんの名にかけて」。東京辺境で音楽やドラマについての文章を書いています。ブログtwitter

■放送情報
日曜劇場『テセウスの船』
TBS系にて、2020年1月スタート 毎週日曜21:00~21:54放送
出演:竹内涼真、榮倉奈々、安藤政信、貫地谷しほり、芦名星、竜星涼、せいや(霜降り明星)、今野浩喜、白鳥玉季、番家天嵩、上野樹里(特別出演)、ユースケ・サンタマリア、笹野高史、六平直政、麻生祐未、鈴木亮平
原作:東元俊哉『テセウスの船』(講談社モーニング刊)
脚本:高橋麻紀
演出:石井康晴、松木彩、山室大輔
プロデューサー:渡辺良介、八木亜未
製作:大映テレビ、TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる