清野菜名と横浜流星が急接近!? 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』先行カット公開

清野菜名と横浜流星が急接近!? 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』先行カット公開

 毎週日曜22時30分より放送中のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話の先行カットが公開された。

 清野菜名と横浜流星がW主演を務める本作は、忖度や圧力にあふれているグレーな現代、闇に隠された真実を華麗に暴く、令和の最凶バディの活躍を描くオリジナルドラマ。清野が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”を演じ、横浜が、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”でもある森島直輝を演じる。

 明日放送の第3話では、ミスパンダと飼育員さんがスポーツ界を舞台に、その闇を暴いていく。スピードクライミングの日本代表選手の宮澤沙奈恵役を秋元才加が、宮澤のコーチとなる鹿野博史役を三浦貴大が、宮澤のライバル選手を竹内愛紗が、海外の有力選手・コリーナのコーチであるミルコビッチ役をフィフィが演じる。

 第3話は、川田レンが、スピードクライミングの日本代表選手・宮澤沙奈恵の緊急記者会見をテレビで観ることから始まる。沙奈恵は、練習中にケガをしたため直前に迫った世界選手権を辞退すると発表し、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと訴える。レンは、沙奈恵が中学時代の同級生だったと思い出す。一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件を調べるようにと告げられる。入院中の沙奈恵に会いに行くレンだが、沙奈恵と話すうち、過去のトラウマを刺激されて動揺。やがて直輝に、自分を悩ませる10年前の忌まわしい出来事について打ち明ける。また、劇中では、ミスパンダと飼育員さんのアクションや、椿鬼奴演じる母親代わりでもある加賀佳恵のアドバイスによる、レンの片思いの新展開が描かれるという。

 公開された先行カットでは、秋元、三浦、竹内らの姿や、スピードクライミングをする清野、佐藤と横浜が話しあうシーンとともに、清野と横浜が抱き合う様子も切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
;

■放送情報
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30〜23:25放送
出演:清野菜名、横浜流星、山崎樹範、吉田美月喜、中田圭祐、祷キララ、山口紗弥加
監督:遠藤光貴
脚本:佐藤友治、蛭田直美
チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/
公式Twitter:@shirokuro_drama
公式Instagram:@shirokuro_drama

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる