東出昌大がナビゲーターに 三島由紀夫の生き様を映したドキュメンタリー、3月公開

 東出昌大がナビゲーターを務める『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』が、3月20日に公開されることが決定し、あわせて特報映像が公開された。

 『ヒーローマニア-生活-』『森山中教習所』の豊島圭介が監督を務める本作は、1969年5月13日東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた、作家・三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を切り取り、三島の生き様を映したドキュメンタリー映画。2019年にフィルム原盤が倉庫から発見された『三島由紀夫VS東大全共闘』の記録を高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者・ジャーナリストなどの識者ら、三島についての“生きた”証言を集め、その全貌が明らかとなる。

 当時、武装化していた東大全共闘ら、1000人を超える学生が集まる討論会に、警視庁の警護の申し出を断り単身で赴いた三島。そして行われた討論会は2時間半にも及び、三島という天才が、死をも覚悟して臨み、その煌めきをまざまざとみせつけた時間となった。

 本作のナビゲーターを務める東出は、三島が書き上げた日に生涯を閉じた、最後の長編小説『豊饒の海』の舞台化にも出演し、多くの三島作品を読破してきたという。

『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』特報映像

 公開された特報映像では、三島が「私は安心している人間が嫌いなので」と啖呵を切る様子や、三島に情熱的に対峙する当時の学生らの姿が映し出されている。

ナビゲーター・東出昌大 コメント

今回ナビゲーターの話が来て

三島と同窓の豊島監督が、どのような視点で映像作品にされるのか、大変興味がありました。『討論 三島由紀夫vs東大全共闘』は以前拝読しましたが、映像作品化される事によってよりスムーズに、この時代、日本人、現代を再考し、発見が生まれる機会が得られる事を期待しております。

三島由紀夫についての印象

不世出の天才。

企画プロデュース・平野隆 コメント

「議論する」なんてダサイ。「熱くなる」なんてカッコ悪い。
そんな風潮が蔓延している昨今、この映画はドンキホーテの如く何かに向かって疾走しています。
文化、芸術、政治に於いて60年代は日本、そして世界が最も輝いていた時代であると憧憬しておりましたが、その締めくくりに過激なほど熱い男達のドラマが繰り広げられていたのです。
今回、緑山スタジオで新たに発見されたフィルムによって皆様にこの熱狂のドキュメンタリー映画をお届けする事が出来ることとなりました。
日本が生んだ最強の作家・三島由紀夫と知の巨人達との論戦はまるでアクション映画を観ているようにスリリングで手に汗握ります。大きなスクリーンで観たい、観て頂きたいという思いから映画化の道がひらけました。
この天才たちの饗宴は天才VS天才であるが故に時に難解ではありますが、理解するのではなく“体感”して頂ければ、最後に極上の感慨に浸ることも出来るかと思われます。
製作者としては勿論若い人達にも観ては欲しいのですが、こんな“特別なもの”はオッサン達だけで熱狂するのも悪くはないと思います。

監督・豊島圭介 コメント

とにかく濃い。映っている人間たちがべらぼうに濃い。文豪でありながら身体を鍛え上げ民兵組織「楯の会」を作るような奇妙なスーパースター三島由紀夫は、千人の敵をまとめてなぎ倒すつもりで討論に来ている。特濃である。迎え撃つ東大全共闘も、挑発したり、恫喝したり、内輪もめしたり、こちらもかなりの濃度で三島に挑む。とにかく全員が、火傷しそうに熱い。50年経った今の姿も登場するが、よく見てほしい。「なんだ昔より熱いじゃないか」とたまげるはずだ。映画館を出たとき、たぶん日本はこれまでと違って見える。そんな映画です。

■公開情報
『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』
3月20日(金)全国公開
出演:三島由紀夫、芥正彦(東大全共闘)、木村修(東大全共闘)、橋爪大三郎(東大全共闘)、篠原裕(楯の会1期生)、宮澤章友(楯の会1期生)、原昭弘(楯の会1期生)、椎根和(平凡パンチ編集者)、清水寛(新潮社カメラマン)、小川邦雄(TBS記者)、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴 ※肩書は当時
ナビゲーター:東出昌大
監督:豊島圭介
企画プロデュース:平野隆
プロデューサー:竹内明、刀根鉄太
音楽:遠藤浩二
制作:ツインズジャパン
配給:ギャガ
製作:映画「三島由紀夫vs東大全共闘」製作委員会
(c)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる