中村倫也が曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”に 『水曜日が消えた』初映像&ティザービジュアル

中村倫也が曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”に 『水曜日が消えた』初映像&ティザービジュアル

 2020年5月に公開される中村倫也主演映画『水曜日が消えた』より、超特報映像とティザービジュアルが公開された。

 本作の主人公は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”。他の“曜日”とは、直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語だ。

 メガホンを取ったのは、気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平。数々のCMやMVを手がけ、映画『君の名は。』にはCGクリエイターとして参加した。今回、自身の完全オリジナル脚本で長編映画デビュー。本作では監督・脚本・VFXをすべて自ら担当している。

映画『水曜日が消えた』超特報

 この度公開された映像では、ファッションも髪型も、性格も全く違う、個性豊かな“7人の僕”が明らかに。ウッドベースを演奏したり、絵を描いたり、ドライブに出かけたりと、“7人の僕”が、各々の生活を楽しむ様子が収められている。しかし、後半から雰囲気が一転し、映像の最後には、“僕たちの終わりが始まる”という意味深なキャッチコピーで締めくくられている。

 あわせて公開されたWEB限定のティザービジュアルでは、水曜日と思われる“僕”の部分が黒く塗りつぶされている。

■公開情報
『水曜日が消えた』
2020年5月全国公開
出演:中村倫也
監督・脚本・VFX:吉野耕平
製作幹事:日本テレビ 日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活
(c)2020『水曜日が消えた』製作委員会
公式サイト:wednesday-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ