『だれもが愛しいチャンピオン』がプロバスケットボールチーム「アルバルク東京」とタイアップ

『だれもが愛しいチャンピオン』がプロバスケットボールチーム「アルバルク東京」とタイアップ

 12月27日公開の映画『だれもが愛しいチャンピオン』と、B.LEAGUE連覇中の男子プロバスケットボールチーム「アルバルク東京」とのタイアップが決定した。

 本作には、実際に障害を持つ600人の中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演。プロのバスケットボールコーチとハンディキャップチーム“アミーゴス”の出会いと絆を描く。

 バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。ところが、短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇された揚げ句、知的障害者のバスケットボールチーム“アミーゴス”を指導するはめに。アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せる。

 この度、本作の趣旨にアルバルク東京からの賛同を受け、初めて映画に協力名義を承認することが発表された。アルバルク東京は、#24 田中大貴選手、#15 竹内譲次選手、#3 安藤誓哉選手をはじめ、人気・実力を兼ね備えた選手を擁する強豪チームで、2019-20シーズン開幕直前に行われた「FIBA ASIA CHAMPIONS CUP」では、日本のクラブとして初優勝を果たしている。

 なお、本作公開直前であり、クリスマス当日でもある12月25日に、ホームゲーム(秋田ノーザンハピネッツ戦)にて、タイアッププロモーションの実施が決定。映画公式Twitterでは、12月25日の観戦チケットが当たるキャンペーンを実施中とのこと。

 小島選手、マチュワン選手からはコメントが届いている。

アルバルク東京現役選手からのコメント

#1 小島元基


みんなが成長して1つのチームになっていく姿、そして人と人の繋がりに感動!
また、なんのためにスポーツをやっているのか再確認しました!

#12 ミラン・マチュワン


素晴らしい人生経験の映画で、コメディもありシリアスな場面もあり、
本当にいろんなことを学べる素晴らしい映画でした。

■試合情報
「秋田ノーザンハピネッツ戦」
場所:アリーナ立川立飛(東京都立川市泉町500番4)
チケット詳細:https://bleague-ticket.psrv.jp/sales/AT/20191225

■公開情報
『だれもが愛しいチャンピオン』
12月27日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開
監督・共同脚本、編集:ハビエル・フェセル
脚本:ダビド・マルケス
出演:ハビエル・グティエレス
配給:シンカ
提供:シンカ、太秦、フェリーチェ
後援:日本障がい者バスケットボール連盟/(一社)日本 FID バスケットボール連盟/一般社団法人 日本時自閉症協会/公益財団法人 日本ダウン症協会/スペイン大使館/インスティトゥト・セルバンテス東京/スペイン政府観光局
2018年/スペイン/スペイン語/118分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:Campeones/英題:Champions/日本語字幕:金関いな
(c)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
公式サイト:synca.jp/champions/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる