『シャーロック』最終回に残った“モリアーティ”の謎 原作の『最後の事件』をなぞる形に?

『シャーロック』最終回に残った“モリアーティ”の謎 原作の『最後の事件』をなぞる形に?

 意味深に屋上で「君が代」を斉唱する江藤(佐々木蔵之介)の姿から、もしかすると江藤こそが獅子雄(ディーン・フジオカ)が追う守谷という人物なのか、もしくはその一味なのかといった憶測が飛び交ったわけだが、その予想は序盤で覆される。タイトルインでカメラに向かってスタンプを押す江藤。そこに浮かび上がるのは「レストレード」の文字。彼の本作における位置づけが原作におけるレストレード警部であることが初めて明示されたことで、決して“モリアーティ”ではなく、あくまでもシャーロック・ホームズとワトソンを頼るしがない刑事に過ぎないということが証明されたというわけだ。

 それでも捜査一課長への昇進の手土産にと、守谷や市川(伊藤歩)ら拘置所から脱走した者たちを捕らえることを上から命じられ、明らかにこれまでとは違う態度を見せる江藤。しかも守谷を自らの手で逮捕していたことを獅子雄に黙っていたと明らかになり、江藤と獅子雄の間に亀裂が生じることになってしまう。12月16日に最終回を迎えた『シャーロック』(フジテレビ系)。このディーン版シャーロックにおける“最後の事件”は、とてもすべてが解決したとは言い難い、あまりにも多くの疑問と謎を残すエピソードとなった。

 『ソア橋』に登場した「アリシア号という小艇の不思議な事件」を連想させる帆船が収められた倉庫で、ついに対峙を果たす獅子雄と守谷(大西信満)。ふたたび犯罪者の脱走をけしかけることでさらに東京中を恐怖に突き落とそうとする守谷に、なぜ「悪事を働くのか?」という理由だけをひたすらに知りたがる獅子雄。そんな2人の駆け引きから、突如として守谷はこう訊ねる。「私が本当の守谷だと思っていますか?」。そしてそのまま一緒に海に転落した2人は消息を絶ち、物語はひとつの幕引きを迎えるのだ。

 この展開はまさに原作の『最後の事件』における“ライヘンバッハの滝”ということだろう。しかも考えてみれば、原作の「アリシア号」の話も出帆したまま消息を途絶えてしまったという挿話であったので、あくまでもこの“語られざる事件”はライヘンバッハ的な結末をより強調させる意味合いとして選ばれたのではないだろうか。しかしながら獅子雄と若宮(岩田剛典)がお互いに“友人”だと認め合うことができた途端に訪れたあっけないほどの別れに、若宮が回想する、「獅子雄が推理するときに何故バイオリンを弾いていたのか」という疑問など、とてもこれが2人の物語の完結とは思えない最終回である。しかも、守谷の発言の真意や彼と一緒に逃亡したうちのひとり、春日(北原里英)の行方も定かではない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる