『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』場面写真一挙公開 アナ・デ・アルマスの妖艶なドレス姿も

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』場面写真一挙公開 アナ・デ・アルマスの妖艶なドレス姿も

 2020年4月10日に公開となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、場面写真が公開された。

 本作は、前作『007 スペクター』から実に5年ぶりとなる『007』シリーズ最新作。前作から引き続きジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグが務める。製作陣からは『007』シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系人で、ドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・フクナガが務める。

 さらに、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜擢され、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズら、シリーズ続投の出演者やフレッシュな顔ぶれが一堂に会する。

 公開された場面写真では、前作『007 スペクター』で現役を退いたはずのクレイグ演じるジェームズ・ボンドが諜報部員に戻ったかのようにスーツを着こなし、セドゥが演じるマドレーヌと深刻な会話をしていると思われるシーンや、リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントの緊迫したシーンが確認できる。また、オーベルハウザーとボンドが再び対峙するシーンや、シリーズお馴染みのMやマネーペニーらMI6のメンバーたち、本作から『007』シリーズに登場するのアルマスの妖艶なドレス姿など、様々なカットが収められている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2020年4月10日(金)全国公開
監督:キャリー・フクナガ
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン 
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
出演:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレック
配給:東宝東和
公式Facebook:www.facebook.com/JamesBond007
公式Twitter:https://twitter.com/007

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ