『グランメゾン東京』木村拓哉が原点に立ち返る 師匠から受け継いだ三ツ星獲得に必要なこと

『グランメゾン東京』木村拓哉が原点に立ち返る 師匠から受け継いだ三ツ星獲得に必要なこと

 結局、京野と尾花は元のさやに収まり、2人で倫子を支えていくことを確認し合う。「我々が見るべきは、皿ではなくて人なんだ」という京野の言葉を聞いた倫子も「ミシュランのために特別なことはしません」と宣言。インタビューに訪れたリンダ(冨永愛)に「今までどおり、お客様一人ひとりに真摯に向き合って最高の料理とサービスを提供したい」と語る。グランメゾン東京が三ツ星を獲るために必要なもの。その答えは料理を提供される客の側にあることを師匠である潮は教えた。簡単なようで忘れてしまいがちなことであり、原点に立ち返ることの難しさを同時に示していた。

 目の前にいる客という意味では、『グランメゾン東京』は徹底して視聴者の目線でつくられている。上方向から撮影された調理シーンやテロップに映し出されたレシピは、高級料理というイメージのあるフランス料理を身近に感じさせる効果があり、鮮明な画質は実際に食べることができないハンディを補って余りある。フードコーディネーターに加えて、ミシュランで三ツ星を獲得したレストランが実際に監修していることからもわかるように、料理シーンはドラマの世界観を表現するために不可欠なピースとして位置付けられている。第8話では倫子の口からコース料理を一新することも明かされたが、残り少ない放送でも見ごたえのある料理シーンが期待できそうだ。

■石河コウヘイ
エンタメライター、「じっちゃんの名にかけて」。東京辺境で音楽やドラマについての文章を書いています。ブログtwitter

■放送情報
日曜劇場『グランメゾン東京』
TBS系にて、毎週日曜21:00~21:54
出演:木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、 沢村一樹
脚本:黒岩勉
プロデュース:伊與田英徳、東仲恵吾
演出:塚原あゆ子ほか
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる