新田真剣佑×北村匠海W主演『サヨナラまでの30分』予告編&本ポスター公開 松重豊ら追加キャストも発表

 2020年1月24日に全国ロードショーされる『サヨナラまでの30分』より、本ポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、新田真剣佑と北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナルの青春音楽ラブストーリー。メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太(北村匠海)が現れ、メンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)、そしてカナ(久保田紗友)に再結成を迫る。実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキ(新田真剣佑)だった。偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。1人で音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく。

 公開された本ポスタービジュアルには、熱唱するアキと切なく涙を溜めた颯太のそれぞれの表情が印象的に配置され、カナ、ヤマケン、重田、森たちの青春感にあふれ、躍動する瞬間や、本作のキーアイテムであるカセットテープが散りばめられている。「アイツが彼女に会うたびに、僕も彼女を好きになる。」というコピーが示す通り、ビターな三角関係もほのめかされている。

映画『サヨナラまでの30分』本予告

 予告編は、歓声の中、振りむくアキの印象的な表情で幕を開ける。熱狂する野外フェスの様子を映し出しながら「この世界からいなくなったアイツが、僕たちの世界を変えたんだ。」という颯太(北村匠海)のナレーションが重なる。そして、カセットテープが再生される30分だけ颯太の体を共有することになったアキが、解散してしまったバンド「ECHOLL」の再結成、音楽を辞めてしまったカナの笑顔を取り戻そうと奮闘する模様が描かれていく。楽曲面では、先日解禁されたリード曲「瞬間(sayonara ver.)」に加え、もうひとつのリード曲であり、アキと颯太が歌う「もう二度と」が今回の予告編で初解禁となった。

 また、追加キャストとして、牧瀬里穂、筒井道隆、松重豊の出演が発表に。喪失感を抱えるカナに明るく寄り添う母・村瀬しのぶ役を牧瀬、就活に苦戦する颯太を見守り、そっと背中を押す父・窪田修一役を筒井、そしてバンド「ECHOLL」を応援し、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役を松重がそれぞれ演じる。

 さらに、ECHOLL / Rayonsのアーティスト名で、『サヨナラまでの30分』と題された本作のサウンドトラックが2020年1月22日に発売されることも決定。「瞬間(sayonara ver.)」「もう二度と」など映画内で聴ける劇中バンド「ECHOLL」のナンバーと、作曲家/ピアニストRayonsによる劇伴曲が収録される。商品の仕様や収録曲などの詳細は後日発表予定。なお、12月2日から「もう二度と」がアルバムから先行配信されることも決定し、本日11月19日よりiTunesプリオーダーがスタートする。

■公開情報
『サヨナラまでの30分』
2020年1月24日(金)全国ロードショー
出演:新田真剣佑、北村匠海、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、牧瀬里穂、筒井道隆、松重豊
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦
企画・プロデュース:井手陽子
音楽:Rayons
音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井輝
制作・配給:アスミック・エース
(c)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
公式サイト:http://www.sayonara-30min.com
公式twitter:@sayonara_30min
公式Instagram:@sayonara_30min/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ