フランス実写版『シティーハンター』オールキャスト写る場面写真公開 原作そっくりの海坊主の姿が

フランス実写版『シティーハンター』オールキャスト写る場面写真公開 原作そっくりの海坊主の姿が

 11月29日公開の映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』より、新たな場面写真が公開された。

 本作は、1985年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした北条司の漫画『シティーハンター』を、『世界の果てまでヒャッハー!』のフィリップ・ラショーが監督と主演を務めて実写化したアクション映画。フランスで公開されると、観客動員168万人を突破する大ヒットを記録。原作者である北条が「これぞシティーハンター!」と太鼓判を押す。

 ボディーガードや探偵を請け負う凄腕のスイーパー「シティーハンター」こと冴羽リョウは、相棒の槇村香と日々様々な依頼を受けている。ある日、ふたりに危険な依頼が舞い込む。それは、その香を匂った者を虜にする「キューピッドの香水」の奪回。これが悪用されたら世界は大変なことに。タイムリミットは48時間。リョウと香は、時間内に香水を取り戻すことができるのか。

 公開された場面写真には、リョウや香の姿のほか、『シティーハンター』お馴染みのそっくりすぎると話題になった元傭兵・海坊主や香の兄・槇村、美人刑事・冴子の姿が収められている。

 主演・監督のラショーが「リアルを貫こうと決めていた」と語っている通り、細部にわたってこだわり抜いている本作。場面写真には、現在廃盤となっているミニクーパーやポケットのないリョウのジャケットなどが写っており、これらはすべて特注で用意しているそう。また、リョウを演じるために監督は8カ月間の食事ダイエットとトレーニングを行い、筋肉を8キロつけたと明かしており、スナイパーライフルを構える写真からは“モッコリ”な筋肉もお目見えしている。

 デラックス吹替版では、リョウ役を山寺宏一、香役を沢城みゆきが務めるほか、海坊主役で玄田哲章、槇村役で田中秀幸、冴子役で一龍斎春水らが参加。アニメ版オリジナルキャストの神谷明と伊倉一恵は特別ゲストとして登場する。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

※冴羽リョウの「リョウ」はけものへんに「寮」

■公開情報
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』
11月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:フィリップ・ラショー
出演:フィリップ・ラショー、エロディ・フォンタン
吹替版(声の出演): 山寺宏一、沢城みゆき、玄田哲章、田中秀幸、一龍斎春水、浪川大輔、多田野曜平、土師孝也、恒松あゆみ、三上哲、伊倉一恵、神谷明
原作:北条司『シティーハンター』
原題:NICKY LARSON et le parfum de Cupidon
配給:アルバトロス・フィルム
(c)AXEL FILMS PRODUCTION – BAF PROD – M6 FILMS
公式サイト:cityhunter-themovie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ