奈緒が語る、初舞台『終わりのない』に向けて 「初めては1回だけだから、全部吸収したい」

奈緒が語る、初舞台『終わりのない』に向けて 「初めては1回だけだから、全部吸収したい」

 柔和な笑顔と、透き通るような声が印象的な存在の女優・奈緒。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合)で“ヒロインの親友役”という大役を掴み、『あなたの番です』(日本テレビ系)や『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)と話題作への出演が続く。まもなく映画初主演作『ハルカの陶』も公開される彼女だが、その前に、世田谷パブリックシアターほかで上演される『終わりのない』で初舞台を踏むこととなる。

 今回リアルサウンド映画部では、この『終わりのない』の作・演出を務める前川知大作品のファンでもあったという奈緒にインタビュー。初舞台への意気込み、前川作品の住人となること、そして出演作の絶えない彼女の現在の心境について話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

奈緒が語る、初舞台『終わりのない』に向けて【リアルサウンド映画部 インタビュー 】

『あなたの番です』で、一つ特技を手に入れた


ーー朝ドラ『半分、青い。』の“菜生ちゃん”役でお茶の間を賑わせ、『あなたの番です』での“尾野ちゃん”役でまた大きな存在感を残した奈緒さんですが、周りの反応はいかがですか?

奈緒:『半分、青い。』と『あなたの番です』の反響は、また全然違いました。『半分、青い。』は「菜生ちゃん!」とたくさんの方に呼んでもらって、自分のことを知ってもらうきっかけとなった作品でした。“尾野ちゃん”も、もちろん私がやっているんですけど、自分自身と近い役ではなかったというのもあって気がついたら私の知らないところまで役が行ってしまったなという感覚があります。みなさんがダンスやウエハースを食べるのを真似してくださったり、「奈緒ちゃんへ」ではなく、「尾野ちゃんへ」という内容で手紙をいただいたりもしました(笑)。

ーーリステリン攻撃、本当に衝撃的でした。

奈緒:楽しかったです。最初は上手く吹けなくて、壁に向かって練習しました(笑)。思ったより難しかったのですが、一つ特技を手に入れました(笑)。

ーー反対に、『半分、青い。』の“菜生ちゃん”役は奈緒さん自身と近かった?

奈緒:全部じゃないですが、すごく近かったと思います。名前も一緒でしたし、長い期間かけて撮った作品でもありました。それに、ヒロイン・楡野鈴愛を演じた永野芽郁ちゃんとの関係性が、本当に菜生と鈴愛のようになっていったのも、やっていて大きかったです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ