『ジェミニマン』特別映像公開 ウィル・スミスらが絶景広がるロケ地について語る

『ジェミニマン』特別映像公開 ウィル・スミスらが絶景広がるロケ地について語る

 10月25日公開の映画『ジェミニマン』より、特別映像が公開された。

 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リー監督が手がけた本作は、『メン・イン・ブラック』シリーズや『アラジン』のウィル・スミスが主演の近未来アクションエンターテインメント。スミス演じる伝説的暗殺者のヘンリーはミッションを遂行中、自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せない最強のターゲットの正体が、自身の若きクローンであるという驚愕の事実を知ることになる。史上最強のスナイパーであるヘンリーと、秘密裏に創られた23歳の若いクローンの暗殺者を、スミスが一人二役で演じる。

『ジェミニマン』特別映像

 公開された特別映像では、本作のロケ地となった、ハンガリーの首都・ブダペスト、アメリカ南部の湾岸都市・ジョージア州サバンナ、カリブ海を代表する世界遺産であるコロンビア・カルタヘナでの撮影の様子と、スミスやリー監督、ダニー役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドがロケ地について語る姿が映し出されている。

 ブダペストでは、行楽地・セーチェニ温泉や、童話の世界から飛び出したようなヴァイダフニャディ城といった観光地で激しいアクションの撮影が行われ、アメリカ南部のジョージア州サバンナでは、ウィンステッドが「町の美しさと文化をありのまま映像に収められたわ」と明かすように、広大な自然も伝統の息づく町並みも捉えられている。

 さらに、スミスが「見た目も雰囲気もパワフル」と力を込めるコロンビア・カルタヘナは、カリブの海賊たちの襲撃やスペイン人支配に抵抗し“英雄都市”と称される歴史を持ち、その過程で要塞化した港から街の建造物群まで全体が世界遺産に登録されている、南米でも屈指の歴史的観光都市。リー監督が「400年前の壁の上でバイクを走らせた。これぞエンターテインメントだ」とコメントするように、カルタヘナの強固な壁を使って、“スミス同士”のバイクチェイスシーンが撮影されている。スミスは、本作について「見た目といい空気感といい、未体験の映像になっていると思う!」と語っている。

■公開情報
『ジェミニマン』
10月25日(金)全国ロードショー
監督:アン・リー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン
配給:東和ピクチャーズ
(c)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:geminiman.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ