新木優子が語る、『モトカレマニア』ヒロインの新鮮さ 「ポジティブに考えると楽しく生きられる」

新木優子が語る、『モトカレマニア』ヒロインの新鮮さ 「ポジティブに考えると楽しく生きられる」

 10月17日から放送のフジテレビ系連続ドラマ『モトカレマニア』。本作で、元カレの存在を引きずり、モトカレマニア(MKM)になり、混乱と暴走を繰り返す主人公・難波ユリカを演じるのが、現在注目の女優・新木優子だ。

 近年、クールでデキる女性を演じることが多かった新木が、出会う男に、昔の恋人との共通点を見つける“モトカレスカウター”を起動させ、妄想にふけるというぶっ飛びOLに挑む。新境地とも言える役柄に、地上波連続ドラマ初主演という立場で挑戦する新木が、役へと向き合う思いや、元カレ・マコチ役の高良健吾とのセッションに期待することなどを語った。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「相手とのお芝居で感じることを素直に表現」

ーー原作は、現在「Kiss」(講談社)で連載中ですが、台本を読まれてユリカという女性にどんな印象を持ちましたか?

新木優子(以下、新木):元カレを引きずるということはマイナスなイメージがあるかもしれませんが、原作を読ませていただき、どこかリアルで、でも明るく描かれているところに面白さを感じました。特にユリカのような、ここまでコミカルなキャラクターを演じたことがなかったので、すごく楽しみだなと思いました。

ーーラブコメディというジャンルですが、コメディ作品に対してはどんなイメージを持っていますか?

新木:私は『フルハウス』という海外のコメディドラマが好きなのですが、ちょっと変わった家族が、それぞれ真剣に生きているからこその面白さがありますよね。コメディにもいろいろなタイプの作品があると思いますが、真面目に一生懸命だからこそ、それがおかしくもあり、面白くもあるというコメディが好きですね。

ーーユリカという女性について、どんなスタンスで役にアプローチしようと思っていますか?

新木:真面目に日々を過ごしているなかで、一生懸命さやちょっとズレたところにクスッと笑ってもらえれば成功なのかなと思っています。その意味で、変に決め込まず、相手とのお芝居で感じることを素直に表現できればと思っています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ