孤独を抱える女性に訪れた“運命の出会い” 『ボーダー 二つの世界』本編映像公開

孤独を抱える女性に訪れた“運命の出会い” 『ボーダー 二つの世界』本編映像公開

 10月11日に全国公開となる『ボーダー 二つの世界』より、本編映像が公開された。

 本作は、イラン系デンマーク人の新鋭アリ・アッバシ監督と、“スウェーデンのスティーヴン・キング”と称され『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者としても知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストが自身の原作をもとに監督と共同で脚本を手がけたミステリー。第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞に加え、第54回スウェーデン・アカデミー賞では作品賞ほか最多6部門を受賞、本年度アカデミー賞スウェーデン代表作品にも選出され、メイクアップ&ヘアスタイリング賞でオスカーノミネートを果たした。

『ボーダー 二つの世界』本編映像

 公開された本編映像では、入国税関ゲートで勤務中のティーナの前に奇妙な旅行者ヴォーレが現れる、ふたりが初めて出会うシーンが描かれている。これまで嗅覚だけで人々が隠し持つ様々な違法なものを見つけ出してきたティーナは、近づいてくるヴォーレから本能的に
“何か”を感じ、いつも通りカバンを開けて中身を調べるが、証拠は見つからない。ティーナは“何か”の正体を突き止められないまま、審査をパスさせる。ヴォーレを前にしてティーナのまぶたや鼻や口は小刻みに動き、ヴォーレのまっすぐな視線に耐えられなくなる様子も確認できる。

 毎日撮影前に4時間かけて分厚いシリコンマスクを装着しながらティーナを演じたスウェーデン人女優エヴァ・メランデルについて、アッバシ監督は「エヴァは、厚いシリコンマスクを身に着けてない人たちよりもはるかに表現力豊かだった。非常に細心の注意を払って細部に重点を置く真の完璧主義者で、彼女は自分の気持ちやパフォーマンスにアプローチするために、“これの20%、あれの30%”などというレベルでの正確さを持っていたんだ」と驚きのエピソードを語っている。

■公開情報
『ボーダー 二つの世界』
10月11日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開
監督・脚本:アリ・アッバシ
原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
配給:キノフィルムズ
2018年/スウェーデン・デンマーク/スウェーデン語/110分/シネスコ/DCP/カラー/5.1ch/原題:Grans/英題:Border/字幕翻訳:加藤リツ子/字幕監修:小林紗季/R18+
(c)Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018
公式サイト:border-movie.jp
公式Twitter:@border_movie_JP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ