>  >  > 『あなたの番です』再浮上する黒幕の存在

『あなたの番です』再び浮上するあの人の黒幕説 “笑う死体”事件の裏にいる存在を探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 菜奈(原田知世)を殺した犯人を翔太(田中圭)に教えようとした神谷(浅香航大)が無残に殺され、そして行方がわからなくなっていた102号室の児嶋佳世(片岡礼子)の死体が食肉加工センターの冷凍庫で発見されるという衝撃的な幕切れとなった先週の第15話から1週間。11日に放送された日本テレビ系列日曜ドラマ『あなたの番です―反撃編―』第16話は、ついに1人の重要容疑者へとたどり着く。その人物は、ドラマ後半になって突然沙和(西野七瀬)の近くに現れるようになったストーカー男・内山(大内田悠平)だ。

 今回のクライマックス、沙和の部屋で盗聴器を見つけた二階堂(横浜流星)は、翔太と水城(皆川猿時)とともに内山の部屋へと向かう。しかし内山は、3人の目の前で特殊な装置を使って自殺を遂げてしまうのだ。その傍らにあったパソコンの画面に映し出されたダーツのマークは、翔太のパソコンに入っていた菜奈の死の直前の動画に入っていたのと同じマーク。必然的に菜奈の死と内山は何らかの関係があると判断でき、さらに内山は前述の食肉加工センターで一時期バイトしていたという経歴も。“交換殺人ゲーム”と関係なく行われていると思しき、一連の“笑う死体”の事件が急速に進展を迎えたとみて間違いないだろう。

 と、ここで浮上してくるのはドラマ前半の頃からネット上に数多くあげられていた考察で、最も加熱していた“黒島沙和黒幕説”だ。沙和が書いた紙・引いた紙の信憑性が低い点や、マンション内に監視カメラを仕掛けた田宮(生瀬勝久)が沙和に向ける視線の違和感などから、沙和が双子なのではないかという見立てもあったわけだが、それの真偽については結局のところ明らかにされてはいない。とはいえ今回、内山が一連の事件との関わりがあるということがほぼ“ブル”になったことからも、その“黒幕説”が再浮上するのは至極当然の流れと言えるだろう。

      

「『あなたの番です』再び浮上するあの人の黒幕説 “笑う死体”事件の裏にいる存在を探る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版