風間俊介の人を惹きつける“素直さ” 『監察医 朝顔』桑原くんに滲み出る愛され力

 『監察医 朝顔』(フジテレビ系)で、改めて注目を集める役者・風間俊介。第4話で、婚約者の朝顔(上野樹里)から妊娠を告げられ、義父・平(時任三郎)に「嬉しい。嬉しいよ~」と泣きながら抱きつく場面は大反響。現在は『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)にも出演中で、先日、2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)で徳川家康役を務めることも発表された。

 風間俊介という人は、つくづく多才だなと思う。“歌わないジャニーズ”としてもおなじみの風間だが、その活躍は多岐に渡る。しかも、それぞれの技量がハイクラスで、そのエンターテイナーぶりに感嘆するばかりである。

 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)では、月曜メインパーソナリティーとして、生放送のカギとなる柔軟性とコメント力の高さを発揮。また屈指のディズニーマニアとしても知られ、『マツコの知らない世界』(TBS系)や『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で披露する、他とは違うディープすぎる東京ディズニーリゾートの世界は、視聴者からも大好評だ。

 意外と知られていないのが、声優としての活躍。2000年から『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』(テレビ東京系)の主人公・武藤遊戯役を務めているほか、『ハートネットTV』(NHK Eテレ)や連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME ~時が奏でるリアルストーリー~』(フジテレビ系)でナレーションを務めるなど、温かみある声を生かした活動も多い。

 一方で、ジャニーズの醍醐味ともいえる所属タレント同士の絡みでも視聴者を魅了。『VS嵐』(フジテレビ系)などでは“相葉くんのお友達”としてイジられまくって爆笑をさらい、山下智久、生田斗真、長谷川純と共に「FOUR TOPS」としてタッキー&翼のラストステージにダンスで華を添えたかと思えば、張り切って練習したにもかかわらず、本番でミスをするというエピソード付き。仕事のできるイジられキャラ……愛され力に、どこまでも長けた人である。

 その風間が、新米刑事・桑原真也役で出演しているのが『監察医 朝顔』。主人公・朝顔の恋人であり、朝顔の父・平の部下という複雑なポジションで、仕事にプライベートに、平の顔色を伺いながら奮闘する姿が愛おしい。なじみの「もんじゃ屋」で突然プロポーズするといった“不器用さ”以上に、母親が行方不明となっていることを打ち明けた朝顔に、涙を流して再度プロポーズする“素直さ”が魅力の愛されキャラである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる