山田裕貴が語る、雪次郎とのシンクロ率 『なつぞら』脚本・大森寿美男に「不思議な力を感じます」

山田裕貴が語る、雪次郎とのシンクロ率 『なつぞら』脚本・大森寿美男に「不思議な力を感じます」

 ヒロイン・なつ(広瀬すず)と共に上京を果たした幼馴染の雪次郎(山田裕貴)。元はと言えば菓子屋「雪月」の跡取りとして、父・小畑雪之助(安田顕)と同じように修行に励むため東京に訪れたはずだったが、今は演劇に没頭。「役者になるため川村屋を辞める」と言い出すほど、雪次郎の決心は固い。

 雪次郎を演じるのは、『なつぞら』(NHK総合)で朝ドラに初出演となる山田裕貴。山田が今回、雪次郎という役柄にどのように向き合っているのか、じっくりと話を聞いた。(編集部)

「『俳優になりたい』というセリフには思いが乗る」


ーー雪次郎という役柄をどう捉えていますか?

山田裕貴(以下、山田):気持ちの良い北海道で育って、戦後にお菓子屋をやっていて、一人息子で、愛されていて……となれば、どういう人間になっていくかなっていうところから考えました。あとは吉沢亮くんや清原翔くんとは共演したことがあって、作ってくるであろうキャラクターが予想できたので、そこから外れる男の子になればいいなと。この時代、もっとガツガツしてなきゃいけないのに、生きていることに“ほんわかしている子”でいられたらいいかなって。後々の雪次郎の行動は、愛される人じゃないと見ている人も許せなくなっていくと思うんですよ。だから、最初にそのキャラクターを思いついてよかったです(笑)。

ーー雪次郎は役者を目指すということで、ご自身と重なる部分がありそうです。

山田:僕は、まず一番にこの仕事が好きで、これしかやれることがないと思っていました。自分が無個性でつまらない人間だなと思っていたから、違う人になりたいという欲求がすごくて。俳優は天職だと思っているので、「俳優になりたい」っていう雪次郎のセリフには思いが乗るというか、雪次郎であって、僕であって……と重なる部分が多かったです。僕は父親が元プロ野球選手ですが、父に言われたわけではなく自分から野球をやっていたので(雪次郎が菓子職人を辞めたいと伝えた場面が)「僕、野球辞めたい」と言った時に似ているなと。大森(寿美男)さんが当て書いてくれているのかなと思いました。

 雪次郎が大切にしている俳優像とかお芝居をする人の感覚についてのセリフも、ほぼ僕が思っていることと一緒なんです。俳優って特別扱いされがちだけど、スターであってはならない。その作品に溶け込んで、普通の人を生きるっていう。まさに僕はそこを目指しているので、シンクロ率はかなり高いです。台本をもらうたびに、大森さんは僕のインタビューをめちゃくちゃ読んでくれてるんじゃないかなって思うぐらい(笑)。

ーーその思いは、大森さんには伝えましたか?

山田:いえ。だから、こういうインタビューで頑張って伝えようとしています(笑)。打ち上げで会えた時に最大の感謝の意を述べようと思っていますけど、会っていないのにそれがずっと続いているので、不思議な力を感じます。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる