>  >  > 松坂桃李の挑戦は続く

松坂桃李の挑戦は続くーー『パーフェクトワールド』や『新聞記者』などで見せる30代の勇姿

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の松坂桃李が絶好調だ。今年2月には吉田鋼太郎らと共演した舞台、彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾『ヘンリー五世』の上演、5月から6月にかけては『居眠り磐音』、『新聞記者』と立て続けの主演映画公開、そして本日6月25日に最終回を迎える主演ドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)と、幅広いフィールドで役者としての活躍を見せている。

 さらに、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系、6月7日)で発表された「20~30代女性に聞いた 結婚したい男性俳優 トップ10」では、昨年のブレイク俳優の田中圭を差し置いて1位を獲得する人気ぶりも凄まじい。9日には自身の公式Twitterのフォロワーが100万人を突破している。

 昨年も、数々の助演男優賞を総なめにした『孤狼の血』、娼夫の仕事をする大学生役を演じた『娼年』など、様々な役を演じた松坂。その姿を追い続けてきたライターの麦倉正樹氏は、現在も松坂の挑戦が続いている最中ではと語る。

「近年の松坂さんは、ときにはこれまでのイメージを大きく裏切るような、実に幅広い役柄に、積極的にチャレンジしているように思います。具体的にその時期を言うならば2016年、のちに映画化されることになる三浦大輔監督の舞台『娼年』の主役をオーディションで勝ち取ったあたりからでしょうか。そこから、『彼女がその名を知らない鳥たち』、『不能犯』、映画版『娼年』、『孤狼の血』と、とりわけ映画においては、単なる好青年ではない、その内面に闇を抱えた人物を演じ、いずれも高評価を獲得してきました。しかし、その一方、テレビドラマの世界では、『わろてんか』(NHK)や『この世界の片隅に』(TBS系)、そして最終回を迎える『パーフェクトワールド』など、メジャー感のある役どころも、しっかり演じています。近年の松坂さんは、そのあたりのバランスと、作品選びのセンスが、非常に絶妙だと思います」

      

「松坂桃李の挑戦は続くーー『パーフェクトワールド』や『新聞記者』などで見せる30代の勇姿」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版